明日からのマリアージュ・テイスティングの見どころ

今月もマリアージュ・テイスティングが明日&明後日に迫ってまいりましたね。

さて、今回は貴重なワインで素敵なマリアージュを楽しんで頂こうと思います!

ワインはお知らせしていた通り、こちら。

PRE008-001

<丸藤葡萄酒工業株式会社>

エチュード・ルバイヤート 2013

1年に1度だけ限定でリリースされるこのワインは、山梨県韮崎市穂坂地区、甲州市勝沼町産の早めに収穫したシャルドネをを房ごと低圧で搾汁し、オー クの小樽で醗酵後、約4ヶ月間、バトナージュを行いながら熟成。その後瓶詰め瓶内二次醗酵、2015年5月にデゴルジュマンし、リリースしました。
柑橘系の果実やバニラの香り、柔らかな泡の刺激、キリッとした酸味が心地よい繊細な辛口スパークリングワイン。2015年Japan Wine Challengeでは銀賞を受賞。*店頭販売分はあいにく完売しております。

さて、今回はこのワインに合わせるお料理をつくってくださるのは、丸藤葡萄酒工業の直営店のフレンチレストラン、神楽坂にあるルバイヤートさんの「チキンのガランティーヌ(詰め物巻)」に合わせてご用意させて頂きます。

実はこちらのお店のソムリエを務めている梅谷さんは前職のお店からの知り合いで、リッジヴューの亡きマイク・ロバーツ氏が来日した際もワイン会をしてくださった御縁もあり、今回協力してくださいました。

で、凄い暑い真夏日に打ち合わせし、何がいいかなと話していたのですが、せっかくなので、このフレッシュながらもクリーミーさを感じるシャルドネを活かしたいねということになりました。

さらに私が、食べやすい感じの肉料理がいいなぁとまた無理をいったので、またまた困らせてしまいました(苦笑)
で、鶏肉に挽肉ベースにして、玉葱、人参、レバー、青味でインゲン等を入れてそれを詰め合わせた巻物にしてくださるというので話が決まりました!
鶏肉と玉ねぎの柔らかい甘みとレバーのクリーミーさが凝縮感ある果実味と重なり、インゲンの青さとフレッシュで切れのある酸が綺麗に交わっていくのが楽しんでいただける予定です!

1杯70ml ¥1,000(税抜)

今月もたくさんご用意しますので、ぜひお気軽にご参加くださいね!

お待ちしております。

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です