【3月3日のお知らせ】ファースト・ドロップの新ヴィンテージが入荷&ワイン名変わりました!

今日は世の中的には桃の節句ですが、関係なく新着ワインをご紹介したいと思います!
さて、ワイン・スタイルズでもラベルの面白さでジャケ買いする方も多い、ファースト・ドロップ。
新ヴィンテージが入荷して、名前もラベルも変わったのでご紹介します!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<ファースト・ドロップ> ア・ゲーム・オブ・トゥー・ハーブズ 2014 750ml ¥1,600(税抜き)
ロンドン大学の地理学専攻の学生だったマット・ガントは、『ぶどう栽培の歴史地理学』を受講した際に大いに感銘を受け、ワイン造りに関りながらニュージーランド、スペイン、イタリア、ポルトガル、米国を転々とし、最後にオーストラリアにたどり着きました。セント・ハレットでオーストラリア人のジョン・レサスと出会い、2人で2005年に念願の「ファースト・ドロップ・ワインズ」を設立。

当初彼らは固有の畑や醸造設備を持たずにスタートし、葡萄はすべてバロッサ・ヴァレーとアデレード・ヒルズの信頼のおける契約農家から買い付け、醸造は他のワイナリーの設備を借りて行なっていました。リリース当初からオージーワイン業界の重鎮ジェームズ・ハリデーやロバート・パーカー主宰のワイン・アドヴォケイトなどで彼らのワインは絶賛され、最高級の評価を受けました。2011年にかつてペンフォールズが所有していた施設を念願の自分たちのワイナリーとして「ホーム・オブ・ザ・ブレイヴ」を入手。葡萄に関しては、栽培農家から慎重に選び抜いて買い付けたもののみを用いています。
更にラベルにもこだわりがあり、毎年、ワイン造りに込められたストーリーを表し、舌だけでなく目でも楽しめるワインに仕上げられています。

2014年ヴィンテージは、サッカーのワールドカップの開催年だったので、サッカーをモチーフにしたストーリーになっています。「ゲーム・オブ・トゥー・ハーヴス」はサッカーの試合の際に使う言葉で、前半と後半が全く異なる試合という意味があります。
収穫期の前半は暖かく、 白ぶどうはすぐに収穫時期を迎えました。黒ぶどうも熟すのが早く、収穫をし始めたいが空いているタンクがなく、 奇跡が起きるしかない、と話していると・・・黒ぶどうが 熟し過ぎるのを抑えてくれる恵の雨が後半に降り、最高の タイミングで収穫が出来た、ということをも示唆しています。

モンテプルチアーノ41%、バルベーラ36%、シラーズ14%、トゥーリガ・ ナシオナル6%、ネッビオーロ3%を使用。 フレンチオークの大樽に移してマロラクティック発酵。その 後二酸化硫黄を加え、シュール・リーで18ヶ月熟成、2015年12月に瓶詰。
ダークチェリー、土、スパイスのような刺激的な香りと、ベリー系フルーツの豊かな香りにフレッシュなベリー系の果実味に後味にスパイスとタンニンが感じられ、包み込まれるようなふくよかな味わい。

本日、早速カウンターでお出ししようと思います。

1杯70ml ¥400(税抜き)でご用意いたしますので、ぜひお試しくださいね。

tana

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です