シャンパーニュを超えたクレマン!

フランスフランス、アルザスで有機栽培のスター生産者として君臨するビネール。

ワイン・スタイルズ赤ワインでは彼のワインを当初より扱っており素晴らしいワインばかりですが特に名実ともに満足度の高いのがスパークリングシャンパンのクレマン・ダルザス。

このゴージャスなラベルのカイゼルスベルグの畑からのクレマンはシャンパーニュを超えた辛口の一本です。


Wine Stylesのブログ
クレマン・ダルザス・カイゼルスベルグ・

エクストラ・ブリュット 2008

<オードリー・エ・クリスチャン・ビネール>

¥3,650(税込・750ml)

カイゼルスベルグの急斜面の区画のオーセロワ60%、ピノ・グリ30%、ピノ・ブラン10%をアッサンブラージュさせ、門出のリキュールを入れずに極辛口に仕上げたもの。

バニラやブリオッシュに蜜っぽさもあり、熟成し旨味と複雑味が増したシャンパーニュを超えた驚くべき品質。

泡好きの方は見逃せませんよ。

これも早い者勝ちでしょうか……!?

あまりにも暑いから週末あたりカウンターで開けちゃおうか考え中~シャンパン

~造り手について~

アルザス地方のコルマールよりすぐ北のAmmerschwihrという村に位置するDomaine Christian Binnerは1770年からワイン造りを行っている、非常に名門の家族。


代々受け継がれた畑は現在6ヘクタール、その7割が丘の斜面にあり、もちろんそのなかには2007年グランクリュとなったKaefferkopf(ケフェルコフ)があります。

全くの家族経営のワイナリーで、従業員2名のほかは、ブドウの栽培、収穫、ワイン醸造、そして販売にいたるすべてを現当主であるクリスチャン・ビネールを筆頭に、両親、妻のオードレイ、最近では姉のベアトリスも加わり家族全員でまかなっています。


現在の地で本格的なワイナリーとして誕生する以前、つまり1770年より以前もビネール家はライン河下流でワイン農家を営んでいました。


ワインのすべてを一家で手がける姿勢は遠い祖先より受け継がれてきたもので、これからも変わることはないでしょう。

現当主クリスチャンの祖父のウジェーヌ・ビネールは、このAmmerchewhirの村にあって、樽ではなくボトル詰めになったワインの販売をはじめた先駆者であり、戦前のこの祖父の時代には、卸業者をたよらずに自分のワインを市場にだすことはまだ珍しかったのです。

しかしながら、ほかのアルザスの村の例にもれず、大戦によりこのAmmerchewhirも壊滅的な被害を受け、祖父ウジェーヌはワイン保管のための新しいカーヴをつくることを決意。


村から離れた場所に地下カーヴをつくったのでした。

それから祖父と父ジョゼフ・ビネールの2代にわたり、豊富なヴィンテージストックを誇る現在のワイナリーを築いていったわけです。

父ジョゼフ・ビネールは、現在のように自然派が注目されるどころか手間のかからない新しい農法としてまだ化学ものが崇められていた時代にあっても、一貫して化学物質を使用することなく、ブドウやワインに対して労力を惜しまないという考えの持ち主でした


その甲斐あって私たちの畑やカーヴそしてそこに眠って時を待つワインのなかにも、優れた働きをしてくれる微生物たちが常に存在し現在のビオロジックにいたっており栽培醸造に関して農業本来の姿をモットーとして無農薬を徹底してほとんどSO2も使用しません。

Ogaメガネ



ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評販売中!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
新企画、「ワインと世界旅行、毎月厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします!

1 Comment. Leave new

1 ■ブログ見ました!
ブログ読ませていただきました!記事見ました!僕のブログも読者申請してもらえるとうれしいです。僕のブログにも遊びに来てくださいね♪
http://ameblo.jp/kakurajunji2/

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です