Exif_JPEG_PICTURE

The Ghost of 413 Riesling 2014

¥1,800 外税

ワイン名の「413」はクリスが最初に設立した小さなワイナリーがワシントン政府から与えられた登録番号で、現在はどこにも使用されていなく、今は存在せずそして今後も使用されることのないワイナリー番号に敬意を表して、「ザ・ゴースト・オブ・413」と名付けました。

畑は、コロンビア・ヴァリーAVAのアンシェント・レイクス地区に位置し、夏には陽光をたっぷりと受け、春と秋には風通しの良いという南向きの斜面に葡萄が植えられています。
2014年は2003年以降最も暖かい年で、活き活きとした 酸と熟したフレーバーを持ち合わせています。
甘いピーチ、熟した青りんご、そしてレモンの皮のアロマが刺激して、活き活きとしたクリーンなフィニッシュを持つ辛口白ワイン。
【白・辛口・750ml】

商品カテゴリー:

商品説明

【The Giant Wine Company】

このザ・ゴースト・オブ・413のワイン自体は、アメリカワシントン州ウッディンビル出身の、マーク・ライアン・ワイナリーのマーク・マクネリー氏とゴードンワイナリーのクリス・ゴードン氏の2人によるコラボレーションによって立ち上げられた会社にて「一流の美味しさを持ちながらも、日常的に楽しむことが出来るワイン」というコンセプトのもとに生まれました。

ワイン名の「413」はクリスが最初に設立した小さなワイナリーがワシントン政府から与えられた登録番号で、現在はどこにも使用されていなく、今は存在せずそして今後も使用されることのないワイナリー番号に敬意を表して、「ザ・ゴースト・オブ・413」と名付けました。

畑は、コロンビア・ヴァリーAVAのアンシェント・レイクス地区に位置し、夏には陽光をたっぷりと受け、春と秋には風通しの良いという南向きの斜面に葡萄が植えられています。
2014年は2003年以降最も暖かい年で、活き活きとした 酸と熟したフレーバーを持ち合わせています。
甘いピーチ、熟した青りんご、そしてレモンの皮のアロマが刺激して、活き活きとしたクリーンなフィニッシュを持つ辛口白ワイン。
【白・辛口・750ml】

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “The Ghost of 413 Riesling 2014”