04191319_55332ceeb4c27.jpg

GREENFIELDS 2006

¥5,200 外税

イギリスサリー州でデンビーズ・ワイン・エステートが造るスパークリングワイン。このグリーンフィールズはピノ・ノワール45%、シャルドネ45%、ピノ・ムニエ10%を用いたもの。シャンパーニュと同じ気候、土壌条件を活かして同じ品種を用いてシャンパーニュ製法で造る一本。瓶内2次醗酵後、約3年の熟成を経てリリースされる為、黄色の色合いも深く、イーストやリンゴの蜜のようなアロマと濃厚な果実味があり、エレガント且つ複雑味が十分楽しめます。
(発泡・白・辛口)

在庫切れ

商品コード: 25b2822c2f5a 商品カテゴリー: , ,

商品説明

【DENBIES WINE ESTATE】 イギリスでは、古くからワイン造りが行われており多くはとても小規模ですが約400ものワイナリーが存在します。 近年シャンパーニュ製法で造れたスパークリングワインが国際大会で金賞を受賞したのを皮切りに国際舞台で脚光を浴びるに至りました。 又、最近の地球温暖化の影響を受けより一層、ワイン用ブドウ栽培の適した土壌へと変化を遂げています。 ロンドンから電車で40分ほどのイングランド南東部サリー州ドーキングに位置するデンビーズは1984年ビジネスマンでエンジニアであったエイドリアン・E・ホワイトが地理学者のリチャード・セリー教授のアドバイスの下、フランス・シャンパーニュ地方の土壌と気候に良く似た南向きの斜面の石灰岩を多く含むザ・ノース・ダウンの土地を購入し、1986年より植樹を開始。 現在は265エーカー(107ha)を所有しており、個人所有のイングリッシュ・ワイナリーでは最大の面積を持つワイナリーへと変貌を遂げ、エイドリアンの子息であるクリストファー・ホワイトが指揮を執っている。 オーストラリアで経験を積み、現スターレンパーク・ヴィンヤードで手腕をふるっていた醸造家兼コンサルタントであるジョン・ウォロンシャックが醸造を担当、目覚ましい品質の向上が図られています。 生産のほとんどが英国内にて消費される為、海外への輸出は日本以外されていません。 バッカス、シャルドネ、ミュラー・トゥルガウ、オプティマ、オルテガ、ピノ・グリ、シェーンベルガー、ライヘン・シュタイナー、セイベル・ブランを栽培し辛口白ワイン3種を生産。 ドルンフェルダー、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、ロンドを使用し赤を1種生産。 又、シャンパーニュ製法を用いたクオリティー・スパークリングワイン(白・ロゼ)を4種類造っています。 生産本数は合計45万本でスティルワインが70%、スパークリングワインが30%。 毎年収穫は9月下旬から10月にかけて行われ、広い面積を所有しながらも全て手摘みにて収穫されます。 このグリーンフィールズはピノ・ノワール45%、シャルドネ45%、ピノ・ムニエ10%を用いたもの。 シャンパーニュと同じ気候、土壌条件を活かして同じ品種を用いてシャンパーニュ製法で造る一本。 瓶内2次醗酵後、約3年の熟成を経てリリースされる為、黄色の色合いも深く、イーストやリンゴの蜜のようなアロマと濃厚な果実味があり、エレガント且つ複雑味が十分楽しめます。 (発泡・白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “GREENFIELDS 2006”