07031413_51d3b2f8aff3f.jpg

TAVORA VAROSA RESERVA BRUTO 2007

¥3,200 外税

ポルトガル最高のスパークリングワインメーカー、ムルガニェイラがベイラス地区で造る辛口の一本。
マルヴァジア・フィナ、セルシアル、ゴウヴェイオ・リアルをブレンドしシャンパーニュ製法で5年間熟成させた逸品。
複雑な旨味と繊細な酸と泡立ちの綺麗なバランスは見事。フレッシュで上質さのある味わい。
(泡・白・辛口)

在庫2 個

商品コード: 6e2713a6efee 商品カテゴリー: , ,

商品説明

【MURGANHEIRA】
ムルガニェイラはポルトガルを代表するプレミアム・スパークリングワインメーカー。
ポルトガルのレストランのワインリストにムルガニェイラの記載を見ないことは稀。
著名なポルトガルワインのガイドブックで「VINHOS DE PORTUGAL」では特に優れたワイン生産者をクラスA、B、Cに分類し、中でもAクラスは僅か6社にしか与えられない。
毎年、Aクラスにランクされる生産者は変更されるが、ムルガニェイラはドウロのニーポートと共に不動のクラスAを守り続けている。
しかも、スパークリングワインでクラスAに評価されるワイナリーは他に無く、正にポルトガル最高で孤高のスパークリングワイン生産者。
ムルガニェイラの創業は1964年、ポルトガルのスパークリングワイン造りの第一人者との評価を受けるオーランド・ローレンソが社長、経営を主に担当するペドロ・ディアス・ダ・コスタが副社長として共同経営を行っている。
青花崗岩の岩山を掘って作られた地下65mの広大なセラーは、シャンパーニュのグラン・メゾンの地下セラーを思わせる。
このキュヴェは圧搾された葡萄はステンレスタンク内で1次発酵を行い、ティラージュ後、青花崗岩を掘って作られたセラー内で瓶内2次発酵を行い、瓶熟成後デコルジュマンし出荷される。
瓶内熟成期間3年~5年。ドサージュ3g~4g。 ムルガニェイラを代表する辛口仕立てのワイン。
酸味と果実味との絶妙のバランス、フレッシュで軽い味わいを特徴とし、アペリティフや食事と共に味わいたい。
(泡・白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “TAVORA VAROSA RESERVA BRUTO 2007”