Exif_JPEG_PICTURE

CREMANT DU JURA ROSE BRUT NV

¥2,800 外税

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

フランス、ジュラ地方の老舗蔵元の現オーナーであるエマニュエル・グランがリュット・レゾネ栽培のピノ・ノワールとトゥルソーを使用し短時間マセラシオンさせたロゼのクレマン。
ラズベリーやチェリーの活き活きとしたアロマと酸が綺麗でバランスの良いきめ細やかな泡立ちに溶け込む華やかな一本。
(発泡・ロゼ・辛口)

在庫4 個

商品コード: 99bcfcd754a9 商品カテゴリー: , , , ,

商品説明

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

【DOMAINE GRAND】
ドメーヌ・グランのグラン家は、ジュラ地方において17世紀末から葡萄栽培に携わってきた古い家系。 1985年に設備を拡大するため、現在のパスナン村に移り住んだという。
葡萄畑の所有面積は合計23ha。 畑のほとんどは本拠地のパスナン村にあるが、一部は隣村のサン・ロタン村に、またシャトー・シャロンにも0.7haの畑を所有している。
グラン家はこれらの畑でジュラの伝統的な品種、サヴァニャン、シャルドネ、プールサール、トゥルソー、ピノ・ノワールを栽培。
補酒したタイプのコート・デュ・ジュラのほか、補酒せず産膜酵母の張った状態で6年以上も熟成させたヴァン・ジョーヌ、ヴァン・ド・リクールのマックヴァン、陰干しした葡萄から造られるヴァン・ド・パイユ、それに発泡性のクレマン・デュ・ジュラなど幅広いワインを醸造している。 とくにクレマン・デュ・ジュラは、総生産量13~14万本というこのドメーヌにおいておよそ5万本を占める重要なアイテム。
ジュラワインに精通した人々の間ではとても評価が高い。
今日、栽培から醸造まで、ドメーヌのワイン造りにあたっているのは、一見、シャイな雰囲気のエマニュエル・グランである。
しかし、ドメーヌの葡萄栽培やワイン醸造の話になると、熱っぽく語り出す。 葡萄畑の栽培法はリュット・レゾネ。 土壌は多様で、赤い色をした鉄分の多い泥灰土や白っぽい泥灰土などからなり、いずれの表土の下にも石灰岩の固い岩盤がある。 前者には赤用のプルサール、後者には白用のサヴァニャンというように、それぞれの土壌に適した品種を植えている。 シャトー・シャロンの畑は泥灰土に小石が混じった土壌で、これがサヴァニャンに独特のミネラル感をワインにもたらすという。 2004年に完成した醸造施設はとても清潔で、サニテーションが行き届いている。
赤ワインの醸造には温度調節機能のついたステンレスタンクを導入。
抽出はおもにルモンタージュで行い、ピジャージュは稀。 過剰な抽出感のないエレガントな仕上がりは、この醸造スタイルによるものだろう。
クレマンはNVのブリュット・プレスティージュで、最低瓶熟期間が18ヶ月。
法定熟成期間は9ヶ月(12ヶ月に延ばすことが検討されている)だから、これより倍の期間をかけ、NVシャンパーニュの法定期間(15ヶ月)よりも長い。
単一年のミレジメに至っては3年ないし3年半である。
ドザージュは少なくNVで8g/l、ミレジメで6g/l。
いずれもシャルドネ100%からなり、キメ細かな気泡とクリーミーな泡立ち、ピュアな酸とミネラル感、そして澱との接触によってもたらされるイースト香が心地よい、極上のブラン・ド・ブランに仕上がっている。
特にミレジメは、並のシャンパーニュのブラン・ド・ブランを凌ぐ品質だ。

このロゼ・スパークリングワインはリュット・レゾネ栽培のピノ・ノワールとトゥルソーを使用し短時間マセラシオンさせたロゼのクレマン。
ラズベリーやチェリーの活き活きとしたアロマと酸が綺麗でバランスの良いきめ細やかな泡立ちに溶け込む華やかな一本。
(発泡・ロゼ・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “CREMANT DU JURA ROSE BRUT NV”