Exif_JPEG_PICTURE

SWARTLAND MOURVEDRE 2013

¥2,150 外税

南アフリカの重鎮ワイナリーのスパイス・ルート・ワイナリー。
これは偉大なオーナー、チャールズ・バックが挑む素晴らしい赤ワイン。
ムールヴェドル100%をアメリカンとフレンチオークで12ヶ月間熟成。
ラズベリーやブラックチェリー、シナモンにスミレのリッチなアロマ、絹のような滑らかなタンニンが溶け込んで旨みたっぷりの一本。
(赤・辛口・ミディアム~フルボディ)

在庫3 個

商品カテゴリー: ,

商品説明

【SPICE ROUTE WINERY】

スパイス・ルートは南アフリカ屈指の名門ワイナリーを確立させた重鎮、チャールズ・バック氏の飽くなき探究心が実現させた究極のブランドです。
南アで長年に渡りワイン生産地域を制限していた法律が90年代年前半に緩和。
これを機に、南アワイン産地のポテンシャルに早くから目を付けていたチャールズは、自身が相続したステレンボッシュの畑には無い新しいスタイルのワイン“地中海性気候を豊かに表現する赤ワイン”を産み出すべく新たなチャレンジに挑みスパイスルートプロジェクトを始動させました。
1997年に誕生し、数年で南アフリカトップブランドにまで登りつめた南アフリカ産ローヌ品種の最高峰の一つスパイス・ルート・ワイナリー。
砂漠のような乾燥した気候を持つスウォートランド地区、マームスベリーの地で灌漑を一切行わず限界まで収量を落とし南アフリカにしかないテロワールを表現させた究極のワインを産み出します。
栽培するブドウ品種は区画により厳選。
低木を生かした栽培を取り入れ、乾燥した気候下で灌漑を行うことなく極限まで収量を落とし高い品質を求めました。
そして、これまでに無い、大地のテロワールが存分に現われた複雑で風味豊かなワイン造りに成功しました。
小さな施設ではありますが目の行き届く環境で少量生産にこだわりプレミアムワインを産み出しファーストヴィンテージから高い評価と賛美を浴び南ア産ローヌ品種のトップブランドとして表舞台に登場しました。
15世紀、香辛料の道と呼ばれた航路、「スパイス・ルート」を辿り「ケープ・ストーム」と称された激しく吹き荒れる波に勇敢に立ち向かい東方の香辛料を西洋に持ち帰り商業に精を出した船乗りたちがいました。
スパース・ルート畑から仰ぐ景色は、過ぎし日の船乗り達がケープ半島を越える姿を想像させてくれます。
スウォートランドでの葡萄栽培のポテンシャルを見出し、新たな冒険に出たチャールズは自身の未知なる挑戦となったブランドを、この船乗りたちの航海と重ね合わせ『スパイス・ルート』と名付けました。

このワインは南アフリカの重鎮ワイナリーのスパイス・ルート・ワイナリーの偉大なオーナー、チャールズ・バックが挑む素晴らしい赤ワイン。
ムールヴェドル100%をアメリカンとフレンチオークで12ヶ月間熟成。
ラズベリーやブラックチェリー、シナモンに胡椒、スミレのリッチなアロマ、絹のような滑らかなタンニンが溶け込んで旨みたっぷりの一本。
(赤・辛口・ミディアム~フルボディ)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “SWARTLAND MOURVEDRE 2013”