Exif_JPEG_PICTURE

かざま甲州 辛口 新酒 2017

¥1,400 外税

このワインは甲州種100%を用いて造られた新酒で11月3日の山梨ヌーボー解禁日に合わせて約4200本リリースするものです。

醸造家風間氏によると、「17年を振り返るのは早いのですが、私達の圃場はとても素晴らしいヴィンテージでした。8月こそ日照不足が懸念されたものの、9月の好天で見事に挽回。収穫の日を迎えた房は全て美しく、年間のほとんどを畑で過ごす私達も自然と笑みがこぼれるほどでした。暑過ぎず爽やかな夏を思い起こさせる2017年の出来立て特有の醗酵のパワーを内に秘め、まだ少し初々しさの残るフレッシュでフルーティな味わいをお楽しみください。」とのこと。
(白・辛口・720ml)

商品カテゴリー: , ,

商品説明

【甲斐ワイナリー】
山梨県は勝沼の北、塩山にある家族経営のワイナリー。
天保5年(1834年)風間懐慧により酒造業を創業。 昭和61年(1986年)その歴史を今にとどめる蔵屋敷で甲斐ワイナリー株式会社は設立されました。
創業以来の伝統と技術に新風を吹き込みながら、 日本人の繊細な味覚と食文化に合う上質なワイン造りを目指しています。
家族経営の小さなワイナリーですが、甲州種や専用品種を中心に、個性あるワイン造りを目指して行きたいと考えおり、その評価も急上昇しています。
赤ではメルロやバルベラも手掛けています。
醸造は若き醸造家、風間総一郎氏のセンスと力量で素晴らしい品質を保ち進化を続けています。 益々目が離せない山梨の気鋭の蔵元です。

このワインは甲州種100%を用いて造られた新酒で11月3日の山梨ヌーボー解禁日に合わせて約4200本リリースするものです。

醸造家風間氏によると、「17年を振り返るのは早いのですが、私達の圃場はとても素晴らしいヴィンテージでした。8月こそ日照不足が懸念されたものの、9月の好天で見事に挽回。収穫の日を迎えた房は全て美しく、年間のほとんどを畑で過ごす私達も自然と笑みがこぼれるほどでした。暑過ぎず爽やかな夏を思い起こさせる2017年の出来立て特有の醗酵のパワーを内に秘め、まだ少し初々しさの残るフレッシュでフルーティな味わいをお楽しみください。」とのこと。
(白・辛口・720ml)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “かざま甲州 辛口 新酒 2017”