Exif_JPEG_PICTURE

CHEVERNY BLANC 2014

¥2,170 外税

このワインはミッシェル・ケニオムがロワール地方で造る白ワイン。
ビオディナミのソーヴィニョン・ブラン80%にムニュ・ピノ20%をブレンド。
柔らかで清涼感あるナチュラルなスタイル、 熟したカリンや白い花にハーブ、青リンゴ、シトラス、アロエ、青竹、カシスの芽、森の香り。
ワインはフレッシュで清涼感があり、優しいフルーツの旨味と爽やかな酸、ミネラルのほのかな苦味が同調し、とてもバランスが良く味わい深いコストパフォーマンスに優れた味わい。

収穫日はソーヴィニヨンが10月6日、ムニュピノが10月15日。収量は35 hL/ha。
ブドウはビオ認証取得中の畑から。2014 年は、果実味を活かすために100%タンクで仕込み、熟成期間も4ヶ月と短く抑えている。
SO2は発酵後と瓶詰め後に少量添加。
軽くフィルター有。
(白・辛口)

在庫10 個

商品説明

【DOMAINE DE VEILLOUX】
ブロワ市を南に20 kmほど南下したACシュヴェルニー地域内に小さな城下町フジェール・シュール・ビエーヴルがある。
その町を1 kmほど離れた場所にドメーヌ・ド・ヴェイユーがある。
25 haの畑の周囲が防風林で囲まれ、ビオディナミ農法を行うには格好の条件を備えている。
シュヴェルニーの地域は勾配なだらかな土地が続き、ワインは一般にキリッと酸が立ってエレガントな白ワインに定評がある。
近年は名うての自然派ワイン生産者を多く輩出していることでも注目されている。

1985年に6代目としてワイナリーを引き継いだミッシェル・ケニオは、1995年からビオ農法を実践し、1998年にエコセールの認定を受けて現在に至る。
正式な認定は受けていないが95年同時期にビオディナミも取り入れている。
そんな彼も以前、父親の下で働いていた時はビオには反対だったそうだ。
理由は、その当時彼が試飲したビオワインのほとんどが美味しいと思えないような代物ばかりであったからだという。
しかしながら、彼の義父、従兄弟が農薬が原因と見られるガンにより立て続けに亡くなり、彼自身も身体を壊したことから考えが一変、また、たまたまパリの試飲会で、初めて美味しいビオワインと出会えたことも、ビオに踏み切るきっかけとなった。
以降、彼は食べ物は全てビオのものしか口にしないという。

現在、ミッシェル・ケニオと2人のスタッフ、季節労働者3人を含め計6人で25 haの畑を管理している。
彼には「健康的なブドウを使って、味わい豊かでコストパフォーマンスの高いワインを作る」という理念があり、美味しくて品質の高いワインを如何にコストを下げて実現させるかという課題に日々取り組んでいる。
トラクターや機械を積極的に導入するのも、彼一流の計算があってのこと。
「収穫は主にマシーンを使うが、収穫したブドウに葉や茎がなるべく入らないように、ブドウのまわりを手で全て除葉し、バトン(マシーンがブドウを叩き落とす棒)をゆるめに調節して一気に刈り取る。
カーヴを取り囲むようにブドウ畑があり、すぐにブドウを取り込むことができるのも我々のドメーヌのメリットだ。」
彼は最近のビオワインの価格高騰に危うさを感じている。
ビオは人件費がかかるという口実の下に価格を上げることに憤りを覚えているのだ。
「ビオディナミというだけで最近はワイン価格が上がるので、ビオディナミの意味を考えずパフォーマンスやマーケティングだけで安易に取り入れるワイナリーも少なくない。」
機械導入の裏には、敢えてビオディナミ=高価という図式を崩し、適正な価格に戻す目論見もあるようだ。

このワインはミッシェル・ケニオムがロワール地方で造る白ワイン。
ビオディナミのソーヴィニョン・ブラン80%にムニュ・ピノ20%をブレンド。
柔らかで清涼感あるナチュラルなスタイル、 熟したカリンや白い花にハーブ、青リンゴ、シトラス、アロエ、青竹、カシスの芽、森の香り。
ワインはフレッシュで清涼感があり、優しいフルーツの旨味と爽やかな酸、ミネラルのほのかな苦味が同調し、とてもバランスが良く味わい深いコストパフォーマンスに優れた味わい。

収穫日はソーヴィニヨンが10月6日、ムニュピノが10月15日。収量は35 hL/ha。
ブドウはビオ認証取得中の畑から。2014 年は、果実味を活かすために100%タンクで仕込み、熟成期間も4ヶ月と短く抑えている。
SO2は発酵後と瓶詰め後に少量添加。
軽くフィルター有。
(白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “CHEVERNY BLANC 2014”