04191233_553321f238728.jpg

COTES DU RHONE BLANC 2013

¥2,000 外税

フランス、ローヌ地方において蔵元の5代目ダミアン・マレがビオロジック栽培で造る白ワイン。
ヴィオニエ75%、残りをクレーレットとグルナッシュ・ブランをブレンドしイノックスタンクを使用したもの。
レモンドロップ、ジャスミンやオレンジの花の華やかなアロマにエレガントな酸と仄かな苦みを伴ったバランスの良い味わい。
(白・辛口)

在庫切れ

商品コード: fde9264cf376 商品カテゴリー: , , ,

商品説明

【DOMAINE MONTMARTEL】
『若きヴィニュロンの情熱とビオへの哲学がローヌの地の新たな可能性を開花』 コート・デュ・ローヌ地方南部オランジュから北東に40kmほどの位置にあるヴィサン村とチュレット村にカーヴを構え、1919年に戦争帰りの曾祖父ラウルが始めて、現在まで5代続くドメーヌ・モンマルテル。
2002年より現在35歳の若き当主ダミアン・マレ氏がドメーヌを引き継ぎ、2006年に曾祖父から母方の従弟に継承されていたドメーヌ・グランド・ベレーヌの畑を全部買い取り、現在は全部で85haを所有。
ドメーヌ・グランド・ベレーヌはこのエリアでは最も早くからビオロジック栽培を実践しており、1990年にAB証明を取得しています。
ダミアン・マレ氏は他のドメーヌでの経験はありませんが、独学にて「ビオ」について学び、引き継いだドメーヌ・モンマルテルにおいてもビオロジック栽培を実践し、2007年に同じくAB証明を取得しています。
また、ドメーヌ・モンマルテル所有のヴィサン村の一部のシラーに関しては、ヴィンテージにもよりますが、E.ギガル社に葡萄を販売したりすることもあります。
毎年いろんなことを試験的に試みているとのことなので、若き醸造家の野望はこれから開花していきそうで、目が離せません。
白葡萄は主にヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌを栽培。
黒葡萄は、シラー、グルナッシュ、カリニャン、メルロ、サンソーそしてグルナッシュとカベルネ・ソーヴィニョンの交配品種で樹齢2年のマルスランを栽培。
大体が樹齢30~40年だが一部のシラーとグルナッシュは樹齢50年を超えるものがあります。

この白ワインはヴィオニエ75%、残りをクレーレットとグルナッシュ・ブランをブレンドしイノックスタンクを使用したも
の。 レモンドロップ、ジャスミンやオレンジの花の華やかなアロマにエレガントな酸と仄かな苦みを伴ったバランスの良い味わい。
(白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “COTES DU RHONE BLANC 2013”