Exif_JPEG_PICTURE

OLD COACH ROAD RIESLING 2015

¥1,800 外税

オールド・コーチ・ロード・リースリングは、白い花や、レモンライム、グレープフルーツなどの柑橘のアロマに溢れ、フレッシュでミネラル感があり、アフターにほろ苦さが心地よい辛口。

商品カテゴリー: ,

商品説明

<Seifried Estate>

1973年にオーストリア出身のヘルマン・サイフリードと妻のアグネスが、タバコやホップの畑が点在し、ブドウを栽培するには寒すぎると言われたネルソンの一帯にてワイン造りを開始。決して諦めることなく努力を続けた結果、ネルソンはニュージーランドワインの主要産地と認められ、サイフリードの他に22ものワイナリーが居を構えています。ネルソンのワイン・シーンは正に彼らによって造られたと言っても過言ではありません。

現在サイフリード・エステイトは185ヘクタールの葡萄畑を所有し、年間10万ケースのワインを生産しながらも、自社畑の葡萄のみを使用し、これだけの規模を持ちながらも家族5人でワイナリーを経営しているのは素晴らしいと言えます。

「サスティナブル・ワイングローワーズ・ニュージーランド」のメンバーとなっており、このグループでは、環境にやさしい農業を目指し、農薬や化学肥料の使用は必要最小限にとどめ、省エネルギーと二酸化炭素の排出量抑制のために作業用の機械もなるべく使用しない(牛や羊に除草を行なわせる)などがガイドラインに決められており、定期的な監査を受けなければならないなどの厳しい基準もあります。

オーストリア出身のヘルマンらしく、特にドイツ系のリースリングやゲヴュルツトラミナーから造るワインの評価が高く、リースリングなどドイツ系の品種は粘土質土壌の畑に、ソーヴィニヨン・ブランなどフランス系の品種は砂利土壌に植える事で、より品種の個性が引き出せると話してます。

オールド・コーチ・ロード・リースリングは、白い花や、レモンライム、グレープフルーツなどの柑橘のアロマに溢れ、フレッシュでミネラル感があり、アフターにほろ苦さが心地よい辛口。

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “OLD COACH ROAD RIESLING 2015”