SALE!
Exif_JPEG_PICTURE

Picpoul de Pinet Prestige 2015

¥1,800 ¥1,620 外税

海に近く、比較的涼しい気候と石灰豊富な粘土や砂質土壌持つポメロールの畑のピクプール・ド・ピネ100%使用。
柑橘類やアカシアの花のアロマに凝縮感ある果実とシャープな酸に堅牢なミネラルが織りなす味わいは気品に満ち溢れていて、ピクプールの品種を分かりやすく表現してあります。(白・辛口)

商品説明

【Domaine Cabrol】

ラングドックでブドウ品種をAOC名に冠する唯一のアペラシオン、ピクプール・ド・ピネ。

コトー・デュ・ラングドックのクリュのひとつで、トー湖周辺の6つのコミューンから成り、この地方最古の土着品種ピクプール・ブランから白のみが造られており、オクシタン語で「ピクプール=唇を刺すもの」を意味する通り、高い酸を持つ品種の特徴がワインに反映されています。

17世紀には既に評判を得ていたこのピクプールというブドウのポテンシャルと、それを育むべく存在するかのようなテロワールを余すことなく表現するため、惜しみない情熱を注いでいるのがドメーヌ・カブロルです。
1969年にジャン・ルイ・カブロルにより設立のドメーヌは、45haを所有しており、畑はローズマリーやラベンダーなど、地中海性の植物相が豊かなガリーグと呼ばれる灌木地帯に広がっており、石灰を主体に、粘土や砂、鉄分を多く含む赤土等、変化に富んだ土壌を持つ。1995年には、セラーの大改築に着手し大きな変革の時を迎えました。
現在、精力的にドメーヌの指揮を執る息子のマルク・カブロルは、元会計士という異色の経歴の持ち主だが、若いころから自由になる時間の大半をブドウ畑で過ごしてきた生粋のヴィニュロンである。ラングドックの60以上ものドメーヌでコンサルタントを務めるフランシス・カルドについて現場でワイン造りを学ぶマルクのワインには、これぞピクプールという酸とミネラルに加え、ブドウの出自の良さが滲み出る豊潤なエキスすら感じられます。

海に近く、比較的涼しい気候と石灰豊富な粘土や砂質土壌持つポメロールの畑のピクプール・ド・ピネ100%使用。
柑橘類やアカシアの花のアロマに凝縮感ある果実とシャープな酸に堅牢なミネラルが織りなす味わいは気品に満ち溢れていて、ピクプールの品種を分かりやすく表現してあります。(白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “Picpoul de Pinet Prestige 2015”