Exif_JPEG_PICTURE

PULIGNY MONTRACHET 2010

¥8,550 外税

ブルゴーニュの古酒を最高の状態で提供してくれる最高のネゴシアンであるルモワスネ。
常に飲み頃を提供するという蔵元の頑なな姿勢はワインにもしっかりと現れます。
10年のピュリニィの村名のこの白はアプリコットにカリンや白い花、オレンジの蜜にミネラルが溶け込んだエレガントでバランスの良い辛口。

果実と酸のバランスが秀逸の一本です。
(白・辛口)

在庫1 個

商品説明

【REMOISSENET PERE & FILS】

19世紀末に創設されたルモワスネ社は、ボーヌの町に本拠を構えています。
前当主であったローラン・ルモワスネ氏は同社の事業発展に尽力する傍ら、その卓越したテイスティングの能力を買われ、フランス最大のワインショップチェーン「ニコラ」のクルテイエを長年に渡り務めました。

しかし同氏には跡継ぎがいないことから、2005年にアメリカの資産家、エドワード・ミルシュテイン氏へ経営を譲る事となりました。
彼はワインの収集家として名高く、ルモワスネ社の伝統を引き継いでゆく事に大変意欲を燃やしています。
また、副社長としてルイ・ジャド社で重役を務めたベルナール・ルポルト氏を迎え、彼に実際の経営を任せています。
醸造部門では若く有能な女性、クロディー・ジョバール氏(ジョセフ・ドルーアン社の醸造責任者を長年務めたロランス・ジョバール女史の娘にあたります。) を醸造責任者として迎えています。
彼らはその信頼感と豊富な資金力でブルゴーニュの多くのトップドメーヌのキュヴェを買い付けることが出来、巨大な地下カーヴの中には100万本にものぼる古酒が眠っており、熟成を待って出荷されてます。
基本的に10~20年に一回程度澱引きを行い、澱が輸送時にリスクを押さえるという考えからです。
その為、フレッシュで健康的な古酒を安全に提供するシステムを誇っています。

現在、ルモワスネ社では「飲み頃のブルゴーニュを提供してゆく」昔ながらの伝統と、品質向上へ繋がる最新技術への取組みとの両立に日々励んでいます。

このような飲み頃を提供するという蔵元ルモワスネの頑なな姿勢はワインにもしっかりと現れます。
10年のピュリニィの村名のこの白はアプリコットにカリンや白い花、オレンジの蜜にミネラルが溶け込んだエレガントでバランスの良い辛口。
果実と酸のバランスが秀逸の一本です。
(白・辛口)

 

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “PULIGNY MONTRACHET 2010”