Exif_JPEG_PICTURE

SAINT-AUBIN 1ER CRU LES CHARMOIS 2008

¥6,500 外税

ブルゴーニュ白ワインの名門ベルナール・モレの直系ドメーヌが造る辛口のバック・ヴィンテージ2008年。
ヴァンサンとソフィーがサン・トーバン村に唯一持つ希少なカリテ・プリ1級畑シャルモア。
練れたリッチな果実味と深みは彼らの真骨頂であり、エレガントなヴィンテージと相まって滑らかでパワーある奥行きのある一本となっています。
(白・辛口)

在庫切れ

商品説明

【VINCENT ET SOPHIE MOREY】

シャサーニュ・モンラッシェの銘醸家として、その名を知られたベルナール・モレイも引退。
2006年を最後のヴィンテージとし、所有畑はふたりの息子、ヴァンサンとトマに分け与えられた。
その長男ヴァンサンが、サントネイ出身の妻ソフィーとともに運営するドメーヌが、ヴァンサン・エ・ソフィー・モレイである。

ブドウ畑は双方の実家から継承し、総面積は20haとかなりの規模。全量元詰めとはせず、一部はネゴシアンに桶売りしている。
白はシャサーニュ・モンラッシェ中心、赤はサントネイ中心のラインナップとなり、ドメーヌの至宝である特級バタール・モンラッシェやピュリニー・モンラッシェ1級トリュフィエールも所有(弟のトマときれいに等分したため、それぞれ0.1ha、0.25haと小さくなった)。サントーバン1級シャルモワ(白)、マランジュ1級フュシエール(赤)にも畑をもつ。

ちなみにシャサーニュの1級アンブラゼはもともとモレイ家が大地主なうえ、ソフィーの実家であるメナジェ・ベラン家も畑を有するため、このクリマの総面積5.19haのうち、4分の3に相当する3.79haをヴァンサンとソフィーが耕作している。

醸造法は父ベルナール譲り。圧搾後の果汁をデブルバージュの後、小樽発酵。
新樽率は40%前後と比較的高い値だが、それに対して熟成期間は10ヶ月と短めで、2週間に一度バトナージュを行う。
ヴァンサン・モレイの造る白ワインはリッチでパワフルなスタイルが特徴。
赤ワインは無除梗の全房醸造。50%新樽を用いて14ヶ月熟成させるが、たっぷりした果実味が前面に押し出され、タンニンも十分に溶け込み柔らかい。

面白いのはバタール・モンラッシェで前述のように弟のトマと畑を等分したが、ヴァンサンは斜面下部、トマは斜面上部を取得。
畑の上下で差が生じないよう、ブドウの圧搾は一緒に行い、果汁を半分づつ分けて各自別々に醸造。兄弟仲がよい証だろう。

往年のベルナール・モレイを彷彿させるそのワインに、心をときめかすファンも多いはず。

このワインはヴァンサンとソフィーがサン・トーバン村に唯一持つ希少なカリテ・プリ1級畑シャルモアのバック・ヴィンテージ2008年。
練れたリッチな果実味と深みは彼らの真骨頂であり、エレガントなヴィンテージと相まって滑らかでパワーある奥行きのある一本となっています。
(白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “SAINT-AUBIN 1ER CRU LES CHARMOIS 2008”