10251639_526a2028abb3e.jpg

VINHO VERDE ALVARINHO 2014

¥2,500 外税

ポルトガル、ミーニョ地方のヴィニョ・ヴェルデの白ワイン。
サブ・リージョンであるモンサンとメルガソの高貴品種アルヴァリーニョを100%用いた一本。
ヴィニョ・ヴェルデの格付けながら、発泡性のない力強いスタイル。
リンゴやトロピカルフルーツの華やかなでリッチなアロマ、様々な要素が溶け込んだ果実の厚みを感じさせるエレガントな酸と滑らかな舌触り。
溶けたバターを想わせる濃密な果実味を、豊かなミネラル感が上品にまとめているこの姿はモダン・ヴィニョ・ヴェルデと位置づけられるワイン。
※写真とヴィンテージは異なります。
(白・辛口)

在庫1 個

商品コード: 076a0c97d09c 商品カテゴリー: , ,

商品説明

【SOALHEIRO】
ポルトガル、ミーニョ地方メルガソにおいて高評価がうなぎ上りな造り手であるソアレイロ。
アントニオ・セルデイラが1974年に植えたアルヴァリーニョを1982年にサブリージョンであるモンサンとメルガソの葡萄のみを用いたもので瓶詰を開始。 常に高品質のワイン造りで評価も高く注目の蔵元。
この地区のワイン、ヴィニョ・ヴェルデはポルトガル北部を流れるミーニョ川一帯に広がるブドウ栽培地区(DOP)。
北のスペイン国境と東のポルト・ドウロ地区とは1,000Mを超える山々に囲まれ、西は大西洋の暖流に恵まれています。
雨量が比較的多く、夏涼しく冬暖か。
緑濃い渓谷や森林、ぶどう畑などがなだらかに連なる美しい土地で、「コスタ・ヴェルデ(緑の海岸)」とも呼ばれています。
有名なヴィニョ・ヴェルデとは「緑のワイン」という意味。
ヴィニョ・ヴェルデの製法は他のワインと少し異なります。
葡萄が完熟する一週間ほど前に収穫することで、アルコール分が8~10%程度と低く、酸にも恵まれています。
花崗岩の土壌からのやわらかなミネラルを感じることができ、また、ほとんどのヴィーニョ・ヴェルデは、軽い炭酸を含み、アルコールに弱い女性でも気軽に飲める口当たりの優しい仕上がりで、4~8℃に冷やして、食前酒としても、テーブルワインとしても楽しめるもの。
白、赤、ロゼがあり一般的には若々しくフレッシュな軽い風味が特徴の爽やかなワインです。
しかしこのソアレイロが造るものは一味違います。 高貴品種であるアルヴァリーニョを100%用いた一本。
ヴィニョ・ヴェルデの格付けながら、発泡性のない力強いスタイルの辛口白ワイン。
リンゴやトロピカルフルーツの華やかなでリッチなアロマ、様々な要素が溶け込んだ果実の厚みを感じさせるエレガントな酸と滑らかな舌触り。
溶けたバターを想わせる濃密な果実味を、豊かなミネラル感が上品にまとめているこの姿はモダン・ヴィニョ・ヴェルデと位置づけられるワイン。
※写真とヴィンテージは異なります。
(白・辛口)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “VINHO VERDE ALVARINHO 2014”