04182127_55324dac4303c.jpg

FRONTON L’EFFRONTEE 2012

¥3,500 外税

シャトー・ボネがフランス南西地方のフロントンで2009年より造り始めた特別キュヴェの赤ワイン。12年のレフロンテはビオロジック栽培のネグレット100%を低収量で収穫、85%はイノックスタンク、15%をフュ・ド・シェーヌで10か月熟成させノンフィルターで瓶詰。カシスやスミレ、黒胡椒などのアロマに溢れ豊かなきめ細かいタンニンが絡まる飲み応えある味わい。長期熟成も可能な一本です!
(赤・辛口・フルボディ)

在庫120 個

商品コード: a733fa9b25f3 商品カテゴリー: , , ,

商品説明

【CHATEAU BONNET】 シャンパーニュ地方モンターニュ・ド・ランスのメゾンであるボネ・ポンソンの当主ティエリー・ボネの息子が興した蔵元。 現在26歳で6代目となる息子のシリルは、父と共に働く他に1999年に南西地方フロントンに購入した小石が多く転がる10haの畑にて2003年よりビオロジックにて力強い赤ワインを造り始めています。 畑はガロンヌ河上流のオート・ガロンヌ地区フロントンから少し行ったヴィロードリックにあり、そこで有機栽培の肥料にて育てている放し飼いの羊が土を柔らかくしてくれる。 タルン河と大西洋の影響を受け非常に暑い夏を迎える為地場品種ネグレットを始め力強さが特徴の品種が栽培されています。 又、この地区では赤とロゼが造られますが、シャトー・ボネではネグレット、シラー、カベルネ・フラン、マルベックを栽培し基本的に赤2種のみを生産。(2008年は雹が降った為全てロゼにして生産) 又、葡萄の66%が樹齢40年のV.Vです。 より自然に近い栽培方法を目指しシャンパーニュ生産のノウハウを活かすことで濃密さだけでなく極上のエレガントさをも追求し日々精進している。 この地において頭一つ抜きんでた素晴らしいワイン造りで今要注目の生産者です!! このキュヴェはシャトー・ボネがフランス南西地方のフロントンで2009年より造り始めた特別キュヴェの赤ワイン。 12年のレフロンテはビオロジック栽培のネグレット100%を低収量で収穫、85%はイノックスタンク、15%をフュ・ド・シェーヌで10か月熟成させノンフィルターで瓶詰。 カシスやスミレ、黒胡椒などのアロマに溢れ豊かなきめ細かいタンニンが絡まる飲み応えある味わい。長期熟成も可能な一本です! (赤・辛口・フルボディ)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “FRONTON L’EFFRONTEE 2012”