Exif_JPEG_PICTURE

LE PETIT LEO CASTILLON COTES DE BORDEAUX 2013

¥3,500 外税

2013 年ヴィンテージが初リリースとなるル・プィ・レオ。
メルロ80%にカベルネ・ソーヴィニョンとフランで20%をブレンドし醸造と熟成はステンレスタンクで行っています。
暖かみを感じる色合いのエチケットには2 匹の愛らしい仔ライオンがデザインされています。
輝きのある明るい紫色。香りはフランボワーズやチェリー、カシスなど心地よい酸味とフルーティさを感じる。
味わいは果実味が豊かで綺麗な酸味が広がり、クロ・レオに似たスタイルながら早飲みもできるエレガントで心地良い舌触りを楽しめる。。
(赤・辛口・フルボディ)

在庫1 個

商品カテゴリー: , ,

商品説明

【PL VALADE et FAMILLE SHINOHARA】

Clos Leo(クロ・レオ)で有名な篠原麗雄氏がプロデュースし、彼の醸造所のすぐ隣に位置する醸造所 P.L バラードで造られたワインで、2013 年がこのル・プティ・レオのファースト ヴィンテージとなります。

P.L バラードのオーナー バラード氏と篠原氏が初めて出会ったのは2002 年。
ベルヴェス・ド・カスティヨンにクロ・レオを設立した当初より、隣⼈であるバラード氏にこの地区の土壌の特徴等を教えてもらい、またクロ・レオの畑の作業も行ってもらっていました。

バラード氏はボルドー大学の醸造学科で学びエノログの国家資格を持っています。
彼はクロ・レオと同じテロワールの粘土石灰質土壌や砂利や砂質等の土壌の葡萄畑をカスティヨンに40 ヘクタール所有しています。
平均樹齢は約30~35 年。

2013 年ヴィンテージが初リリースとなるル・プィ・レオ。
メルロ80%にカベルネ・ソーヴィニョンとフランで20%をブレンドし醸造と熟成はステンレスタンクで行っています。
暖かみを感じる色合いのエチケットには2 匹の愛らしい仔ライオンがデザインされています。
輝きのある明るい紫色。香りはフランボワーズやチェリー、カシスなど心地よい酸味とフルーティさを感じる。
味わいは果実味が豊かで綺麗な酸味が広がり、クロ・レオに似たスタイルながら早飲みもできるエレガントで心地良い舌触りを楽しめる。。
(赤・辛口・フルボディ)

<ヴィンテージとワインの特徴>
2013 年は雨が非常に多い年で、開花は平年通りだったものの、花振るいや雹などの被害を受けて生産量が非常に少ない年でした。
このワインは今すぐでも飲みやすく、十分美味しいですが、数年おいてから楽しんで頂いても良いと思っています。
飲む前に常温に戻し、デキャンタージュを行うか、もしくは事前にコルクを抜いておくことをおすすめします。
時間が経つにつれて、味わいが優しく変化します。
相性料理は甘辛のたれを使用した料理や、出汁醤油を使⽤用した和食など。
おすすめのマリアージュは、デミグラスソースのハンバーグ、焼き鳥、砂糖醤油のタレを使用した肉料理など。

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “LE PETIT LEO CASTILLON COTES DE BORDEAUX 2013”