Exif_JPEG_PICTURE

LES BAUX DE PROVENCE CLOS MILAN 1998

¥5,400 外税

このワインはプロヴァンス地方最高峰の蔵元が造るトップキュヴェの一本。
独特なエレガンスさを秘めた味わいです。
グルナッシュとシラーの出来合いによるバランス感は、どのヴィンテージを飲んでもアンリは決して裏切りません。
20年近い熟成でトリュフや黒胡椒系の香が強く、完璧なボディが印象的です。
(赤・辛口・フルボディ)

在庫1 個

商品カテゴリー: , ,

商品説明

【DOMAINE MILAN】
現当主であるアンリ・ミランが判事の道ではなく、家族で住んでいたこのシャトーからおいしいワインを生み出したいという想いでワイン醸造に専念しようと決意したのは、1986年のこと。
当時ワインを大量に飲むと頭痛に悩まされていたアンリは、原因を追求し、オーガニックワインではその症状がでないことに気付きます。
その問いかけが、身体を決して疲れさせず、味わいも優しいワイン、それは「ビオ」という答えを導きました。ブドウの収量を減らしながら、ロワールのクロード・クルトワ氏やクロ・ルジャール氏と親交を深め、醸造やおいしいワインについての研鑽(けんさん)を重ねました。
フランス最古のワイン生産地、プロヴァンス。プロヴァンスの中心的な都市アヴィニョンから南に約20キロ、アルピーユ山脈の麓に広がるワイン銘醸地がレ・ボー・ド・プロヴァンスです。
ドメーヌ・ミランは、プロヴァンスの魅力をすべて備える中世からある古い町、サン・レミ・ド・プロヴァンスにあります。
画家ゴッホを魅了したこの田舎町は、プラタナスの並木道、糸杉、オリーブ畑など、今も自然に囲まれ静かな時間が流れます。
この地は、豊かな日照量と乾燥した地中海性気候の恩恵により、魅力溢れる南仏ワインを生み出します。
ブドウは、ワイン発酵後の自家マール(ブドウの搾り粕)を蒸留所へ持ち込まず、直接畑へ運び込み、有機肥料として利用する循環農法で栽培します。
これは、ロマネ・コンティと同じ方法で、フランス政府の許可を得ています。
マールの有機肥料は、その育った環境で循環させてこそ、自然酵母を活発に増殖させることができます。
バラエティに富む自然酵母が宿る土作りを行うことにより、ブドウは本来持っている生命力や強さを高めることができるのです。ブドウは、収量を抑えることで、土壌からの旨味と凝縮感をもたらします。
収穫は、完全に熟すのを待ち、手作業で行います。【土壌:青泥土および粘土石灰質土壌】
ワイン醸造は、シュール・リーで木樽熟成し、ノン・フィルター、ノン・コラージュで瓶詰めします。
瓶詰めは、月の満ち欠けによって決定し、重力に従って行います。アンリのワインは、テロワールの特徴や昔ながらのワインの旨みや複雑味が感じられます。
ルビーをほうふつさせる奥行きある色調、南仏らしいパワフルさのなかにエレガントで滑らかな口当たり、しっかりした酸味のあとに広がる奥行きのある味わいで、長期熟成向きのワインです。
醸造に関して抜群のセンスを持つアンリ・ミラン。
芸術家気質が生みだすワインは、私たちの味覚を目覚めさせる仕上がりです。

このワインは蔵元のトップキュヴェの一本。
独特なエレガンスさを秘めた味わいです。
グルナッシュとシラーの出来合いによるバランス感は、どのヴィンテージを飲んでもアンリは決して裏切りません。
20年近い熟成でトリュフや黒胡椒系の香が強く、完璧なボディが印象的です。
(赤・辛口・フルボディ)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “LES BAUX DE PROVENCE CLOS MILAN 1998”