11271951_4cf0e2c5b8985.jpg

RIBERA DEL DUERO PROTOS ROBLE 2013

¥2,200 外税

プロトスがリベラ・デル・ドゥエロで造る赤ワイン。
選別されたティンタ・デル・パイスを100%使用しアメリカンオークで5ヶ月間熟成。
紫がかった濃い紅色でラズベリーやカシスの濃厚ながら繊細なアロマ、樽熟から来るバニラの香りも僅かに感じられ豊かなタンニンも溶け込み複雑な味わいを醸し出す。
レザーや胡椒のようなスパイシーさも現れ力強く厚みが増しても素晴らしいバランスを保ち長い余韻を楽しめる。
※写真は08年です
(赤・辛口・フルボディ)

在庫切れ

商品コード: d2ddea18f006 商品カテゴリー: , , ,

商品説明

【BODEGAS PROTOS】
プロトスはカスティーリャ・イ・レオン州で1927年にペニャフィエル地区の11の葡萄栽培農家が合同して創立されたリベラ・デル・ドゥエロで最初の協同組合です。
設立当時からその評価は高く、1929年のバルセロナ万博で早くも金賞を受賞しました。
このボデガにはドン・ファン・マヌエル王子の時代の2,000mの長さの地下道が城の下にありそこは年間を通じて気温15℃、湿度75~80%に保たれ、オーク樽の中でワインはゆっくりと熟成されます。 ここには約5,800個のオーク樽と120万入りのタンクが幾つかと2,000㎡もの広さの熟成庫があります。
醸造方法は、11世紀に始まったものでシトー派の修道僧らも既に用いていた伝統的なものをベースに最新の醸造法や技術を研究し用いながらもこの地方らしさを維持できるよう努めています。 400haの自社畑と400haの株主274人の契約畑を持ち、ティンタ・デル・パイスやティント・フィノと呼ばれるテンプラニーリョとカベルネ・ソーヴィニョン、メルロが植えられています。
畑は標高700~800mにあり、大西洋の影響をやや受けた大陸性気候で非常に乾燥しているが、夏は比較的短く果実はバランス良く熟し、又、秋が寒く短い為に低温で醗酵が行われるので果実のアロマが深みを増してワインに取り込まれるようです。
プロトスがリベラ・デル・ドゥエロで造る赤ワイン。 選別されたティンタ・デル・パイスを100%使用し温度管理の下、ステンレスタンクで醗酵が行われ、アメリカンオークの樽で5ヶ月間熟成後、瓶詰めされて1ヶ月おいてから出荷されます。

やや紫がかった濃いサクランボ色でラズベリーやカシスの濃厚ながら繊細なアロマ、樽熟から来るバニラの香りも僅かに感じられ豊かなタンニンも溶け込み複雑な味わいを醸し出す。
レザーや胡椒のようなスパイシーさも現れ力強く厚みが増しても素晴らしいバランスを損なうことなく長く深い余韻を楽しめる素晴らしい一本。
※写真は08年です
(赤・辛口・フルボディ)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “RIBERA DEL DUERO PROTOS ROBLE 2013”