11242052_4cecfc8574e46.jpg

RIOJA ZACO 2012

¥1,800 外税

ボデガス・ビルバイナスがリオハ・アルタ地区にある21.5haのザコ区画で造る赤ワイン。
ここは起伏ある傾斜地で、日照条件も良い区画から完熟を待って収穫されたテンプラニーリョ100%を使用。
ブラックフルーツやバニラの甘いアロマとスパイスが溶け合って旨味を伴った長い余韻が楽しめるハイコストパフォーマンスの一本です!
※写真は06年です。
(赤・辛口・ミディアムボディ)

在庫切れ

商品コード: d1c38a09acc3 商品カテゴリー: , , ,

商品説明

【BODEGAS BILBAINAS】
ボデガス・ビルバイナスは、リオハの中でも、最も良いワインが出来るとされるリオハ・アルタの中心都市アロに位置するボデガです。
フィロキセラの災禍に見舞われる以前、 1859年にウドン粉病の害を逃れてリオハにやってきたSavigon Ferezによって創立されたこのボデガは、リオハのみならずスペイン全土でクオリティーワインの瓶詰めワイナリーとしてとして最古のワイナリーとして知られております。
故郷に戻ることを決心した彼の手から、1901年に、ビルバオの投資家の手に渡りました。 この年の7月26日ボデガス・ビルバイナス社が成立。
1925年、現スペイン国王陛下の祖父にあたる、Alfonso13世のお気に入りワインとしてこのボデガのワインが採用され、王室御用達メーカに指定されたことから、一気にボデガの知名度が上がりました。
1992年、ワインの質を向上させるために、スペインで最も権威ある著名な醸造家の一人である、ホセ・イダルゴを醸造責任者として招聘、彼のワイン造りを資金面でもサポートしていく為に、1997年にCODORNIU グループが資本参加しました。
現在は、グループの哲学である「ブドウ畑からお客様の手元まで。」 のコンセプトを具現化するための一翼を担う重要なボデガとなっています。 平均樹齢20年、総面積251haのブドウ畑は、自社畑としては、リオハ・アルタ最大(全ての畑はアロ市内に所在)この畑から、安定的に高品質のブドウを供給することができ、2004年のスペインの原産地呼称法の改正にともない、 La Vicalandaは今後Vino de Pago(畑名付きワイン)を名乗ることになります。
スペインはもちろん、スイス、イギリス、ドイツで、そのレセルバ・ワインは非常によく知られたボデガで、・リオハで現在する最も歴史あるボデガの一つとして知られております。

このワインは21.5haのザコ区画で収穫されたテンプラニーリョを使用。 ザコ地区はボデガから2km離れた場所にあり起伏に富んだ傾斜地で日光を良く受け品質の高い葡萄が造られます。
2週間のマセレーションを行った後、24℃より低い温度で8ヶ月から12ヶ月熟成。
ブラックフルーツやバニラの甘いアロマとスパイスが溶け合って旨味を伴った長い余韻が楽しめるハイコストパフォーマンスの一本です!
(赤・辛口・ミディアムボディ) ※写真は06年です

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “RIOJA ZACO 2012”