03271542_5514fbf0d8731.jpg

ROSSO DI MONTALCINO 2012

¥2,700 外税

カパルツォがトスカーナ州モンタルチーノ周辺で造るエレガントな赤ワイン。日当たりの良い畑から収穫されたブルネッロのみを用いて最新の醸造設備と伝統的な醸造方法を用いて造られた一本。
ブルーベリーにラズベリーなどのリッチな果実のアロマは厚みがあり調和のとれた素晴らしい辛口の一本です。
(赤・辛口・フルボディ)

在庫切れ

商品コード: b4a528955b84 商品カテゴリー: , , ,

商品説明

【CAPARZO】 カパルツォはトスカーナ州のモンタルチーノ、マレンマ、キャンティ・クラッシコ地区にそれぞれワイナリーを所有しています。 その中核にある「カパルツォ」はシエナの南、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産エリアに位置し、200haの敷地内の90haをブドウ畑に、4haをオリーブ畑にしています。 1960年代後半に醸造設備を整えた後は、各々の時代の先端技術の導入や熟成用の樽のサイズや熟成期間を変更するなどの新しい試みへのチャレンジを繰り返して行い、現在では年間約45万本のワインを生産しています。 カパルツォの主力ワインは、この地区でブルネッロと呼ばれるサンジョヴェーゼ・グロッソのクローンから造られ、1980年にD.O.C.G.に認定されたブルネッロ・ディ・モンタルチーノとD.O.C.ロッソ・ディ・モンタルチーノ、I.G.T.トスカーナなどです。 カパルツォのワイナリーでの醸造には、最も先進的なステンレスタンクを含む醸造設備が採用されています。 熟成には、50~80hlのサイズの伝統的なスラヴェニア・オークの樽と、30hlのアリエ産オーク樽が使われますが、一部のワインには、500~700Lの小型の樽も使用されます。 このワインはカパルツォがトスカーナ州モンタルチーノ周辺で造るエレガントな赤ワイン。 日当たりの良い畑から収穫されたブルネッロのみを用いて最新の醸造設備と伝統的な醸造方法を用いて造られた一本 。 ブルーベリーにラズベリーなどのリッチな果実のアロマは厚みがあり調和のとれた素晴らしい辛口の一本です。 (赤・辛口・フルボディ)

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “ROSSO DI MONTALCINO 2012”