渡邊葡萄園醸造~Nasu Wine~に行く・1

今月のマリアージュ・テイスティング特別編

(詳細はこちらhttp://ameblo.jp/winestyles/entry-10716899987.html)
で、

ワイン・スタイルズに来てくださる渡辺葡萄園醸造の4代目当主渡邊嘉也さんとの打ち合わせもあり、一度ワイナリーを訪問してみたかったので、お伺いしてきました。

Wine Stylesのブログ
東京から新幹線で、1時間15分くらいでしょうか。

そんなに遠出をしたわけではなかったのですが、駅に到着して目に入るのは、一面の雪景色雪だるま

日本海側が大雪とは聞いていたけど、那須塩原も?とまずは驚きと寒さが先です。

渡邊葡萄園醸造は、隣の黒磯駅から車で7~8分のところにあります。

(雪じゃなければ、もう少し早いかも車

Wine Stylesのブログ

市役所の隣にいきなり葡萄畑が広がります。

(雪で真っ白だったので、畑の写真をとるのはやめました)

その向かいに小さくかわいい赤い看板が目に留まります。

ここが入口です。

中に進んでいくと、
Wine Stylesのブログ

カーヴの入り口に到着です。

中に入ると素敵なテイスティングルーム兼販売所があります。

ここでしか買えない、お試しでブレンドした特別キュヴェなんかも手に入れることができます。

私も見ていてわくわくしましたわくわく

那須塩原まで行かれた時はぜひナスワインに行かれてはいかがでしょう?

Wine Stylesのブログ

渡邊さんはとってもシャイな方なので、写真を撮ろうとすると、こんな風に逃げちゃうんですね~

さて、渡辺葡萄園醸造について簡単に。

渡邊家はもともと栃木県下で農業を指導する名主でしたが、1884年にワイナリーを開始。

現当主の渡邊さんの父親の代までは、ナスワイン白、赤などと栽培するいろんな種類の葡萄をブレンドしてワインを造っていました。

しかし、渡邊さんは、ボルドーワイン好きだったこともあり、フランス、ボルドー大学へ留学。その後、シャトー・ピション・コンテス・ド・ラランドをはじめとするボルドーの有名シャトーなどで醸造に加わりました。ジャン・リュック・テュニュヴァン氏とも出会い、あのシャトー・ド・ヴァランドローの醸造も手がけました。

まさに日本版メルローの魔術師です。

8年の留学の後、2001年父親の死により帰国。家業を継ぐことになりましたが、日本でワイン造りを習わなかった渡邊さんは、ボルドーで培った経験と技術をもとにボルドースタイルでワインを造り始めました。

自分の家の土壌に合うメルローやカベルネ・ソーヴィニョンの苗木のクローンを取り寄せて植樹し、醸造器具や木樽もボルドーで培った人脈のつながりで、輸入しました。

というわけで、那須黒磯にプチ・ボルドーを見ているかのようなカーヴでした。

つづく・・・

こんな話見たら渡邊さんのワイン、飲んでみたいですよね~

渡邊葡萄園醸造のカーヴで限定の
クラシックラベル ナイアガラ2010 無添加&ノンフィルター
を入手してきました。
今日カウンターで1杯70ml¥550(税込)でご用意しますワイン

いつもの通り、なくなり次第終了です。お早めにどうぞ。


コルク1月28,29日のマリアージュ・テイスティングセミナーもまだまだ参加受付中ですよ!

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインも続々更新しています!!

お年賀やギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です