シャンパーニュ・ピエール・ジモネ・エ・フィス テイスティングセミナー。

パンフ

昨日、弊社とお付き合いのある輸入会社AMZさん主催でホテルモントレ半蔵門にてシャンパーニュ・ピエール・ジモネ・エ・フィスの3代目オーナーディディエ・ジモネ氏を迎えてのテイスティングセミナーに参加してきました。

ジモネ社はシャンパーニュの中でもコート・デ・ブランと呼ばれる白葡萄(シャルドネ)の聖地と呼ばれるエリアのグラン・クリュやプルミエクリュである名高い村であるクラマン、シュイィ、オジェ、キュイ、ヴェルチュのシャルドネのテット・ド・キュヴェのみを使用した究極にエレガントなシャンパーニュ・ハウスとして名高い蔵元。

初来日であるオーナー、ディディエ氏の哲学と情熱を感じさせるセミナーでした。

最高の畑、素晴らしい気候とヴィンテージ、そして蔵元の頑なな哲学が混ざり合い昇華した稀有なシャンパーニュであるジモネのスタンダードから、稀少なロゼ、ヴィンテージにスペシャルキュヴェと6種類、話を伺いながらテイスティングしましたがどのキュヴェにもテロワールとジモネの哲学とが明確に現れていました。

印象的な言葉として、美味しくなくてはいけないという点。
メゾンのポリシーはもちろんですが圧倒的に美味しい事こそが重要ですね。

シャンパーニュはブレンドのワインです。
各メゾンのスタンダードキュヴェはその蔵元のスタイルを如実に表現したものでなくてはなりません。
異なるヴィンテージのワインを組み合わせ目指す味わいの方向へ液体を導き芸術作品に変えて行くアッサンブラージュと呼ばれる特別な作業こそが肝です。

特に繊細な白葡萄シャルドネを表現する難しさは一般人の想像を超えた所にあります。
そして熟成という魔法を纏ったヴィンテージシャンパーニュは自然と叡智の結晶といえる宝石です。

ディディエ氏

素晴らしかったジモネの特別キュヴェも年末に向けて入荷するかもしれません。
その他もシャンパーニュ、イングリッシュスパークリングワインを始めとした最高峰の泡をご用意します。

是非、この冬に選び抜いた一本で年末年始の特別な時間は体感していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です