【1月29日のお知らせ】本日「Every Friday, Louis Jadot Time」最終回開催

コロナでの感染者数増加に伴い、緊急事態宣言出されていますが、昨年末にご案内していました1月の毎週金曜日カウンターにて開催の「Every Friday, Louis Jadot Time」は本日も予定通り開催します。
今まで以上に感染対策して対応しますので、ご参加の皆様のご協力いただけますようお願い致します。

さて、今日最終回は偉大なこちら。

ルイ・ジャドとは…1859年葡萄栽培家のジャド家ルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドにより創設。ブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、20年以上前から化学肥料や農薬の使用をやめ、一部畑ではビオディナミ農法を実践。現在は約240haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の大ドメーヌへと成長し、また高品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高評価を受けており、ラベルにはワインの神バッカスが描かれているのが特徴。

Exif_JPEG_PICTURE

<ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド>コルトン・グラン・クリュ 2014

1杯70ml ¥1,500(税抜き)

ジャド家が代々継承してきた由緒ある自社畑がエリティエ・ルイ・ジャドの表記になっている。アロース・コルトン、ラドワ、ペルナンエリアをカバーするのがこのコルトンで、粘土石灰質土壌の畑から生み出され、複雑で力強く香り高いのが特徴。樽香も力強さを後押しするいい土台に感じられ特級の偉大さは健在。

今月の最後は偉大な王者の1本で締めて、気分新たに楽しんでいただけたらと思います。
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です