ブルゴーニュでもシャトー?

CHATEAU(シャトー)というと一般的には『城、大邸宅』城を指しますが、


ワインの世界、特にボルドー地方で、『葡萄栽培やワイン生産をする私有地、醸造所』を指します。

この場合、葡萄園の大きさに関係なく用いられることが多いのですが、

ブルゴーニュ地方でのDOMAINE(ドメーヌ)はそんなに大きい規模のは少ないです。

ブルゴーニュでも造り手の中で幾つかシャトーの名の付くものがあります。

その一つがピュリニー・モンラッシェの村の北に位置する、クロで囲まれた17世紀の築造になる瀟洒な館が

シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ

23haを所有する規模の大きいドメーヌで、バタールにシュヴァリエ、そしてモンラッシェと3つのグラン・クリュを擁し、白が多いものの赤も4割ほどの生産量がある。

責任者を務めるのはあのエティエンヌ・ド・モンティーユ。

ヴォルネー、ポマールで一、二を争うドメーヌ、ド・モンティーユの当主。2001年の収穫期からかかわり、2002年の1月1日より正式に支配人として就任。

そして2012年7月、シャトー・ド・ピュリニー=モンラッシェを正式に買い取った。

エティエンヌが着任してから評価は徐々に高まり、10年を経て揺るぎないものとなった。それは耕作からつくり、瓶詰めにいたるまでワイン生産の全ての見直しを図り、大幅に刷新した為。

栽培は2005年以来ビオロジックで行い現在は全面的にビオディナミに移行、日々細かな手入れを欠かさない。

彼らの超目玉ともいえるアイテムがコチラ。

Wine Stylesのブログ
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミィ 2008

<シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ>

\6,300(税込・750ml)

アン・ルミィはあのグランクリュ・モンラッシェの直ぐ西に位置するサン・トーバン村最高の区画。

ブルゴーニュ・シャルドネぶどうの本質を理解できる素晴らしい白ワイン白ワインの一本です。

08年なので比較的早めに開きますし、村名ピュリニーを買うなら断然こちらをお勧め致しますよ!!

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介した新着ワインや食材も続々更新中!
昨年秋より開始の新企画、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です