【11月14日のお知らせ】12月毎金曜日「Every Friday , Champagne Time !」は今年も開催!

お待たせいたしました!今年もご期待に応えまして開催致します!

12月の毎週金曜日は「Every Friday , Champagne Time !」ということで、極上シャンパーニュをグラスで楽しんじゃいましょう!

なかなか普段口にできないちょっと贅沢な熟成したヴィンテージ・シャンパーニュを特別価格でカウンターでいただけます!
ただ残念ながら1本ずつしかありませんので無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
どうしても飲みたいという方はご予約も承りますのでご連絡くださいませ。

yjimage

さて気になる今年のアイテムですが、ご紹介しますね!
今年は金曜日が5回あるので贅沢に5回開催します!
第1回 12月2日(金)
<シャンパーニュ・フィリポナ> キュヴェ1522 グラン・クリュ 2004 1杯70ml ¥1,400(税抜き)

1697年フィリポナ社創立し、単独畑「クロ・デ・ゴワセ」をリリースして一躍その名をとどろかせました。現在は16代当主シャルル・フィリポナ氏の指導のもと、さらなる高みを目指しています。この”Cuvee 1522″とは、フィリポナ家がシャンパーニュ地方のアイ村に定住した1522年にちなんで命名され、フィリポナ所有のグランクリュ畑からのピノ・ノワール60%、シャルドネ40%を用いて造られる特別なキュヴェ。

第2回12月9日(金) 

<シャンパーニュ・ブルーノ・パイヤール> ブリュット・ミレジム 1995 1杯70ml ¥1,600(税抜き)
もともと葡萄栽培を営む一家でしたが、1981年ランス郊外に創立した、戦後誕生した唯一のシャンパンメゾンで、自らの名前を冠したシャンパーニュをリリース。量産するよりはクオリティ重視のスタイルをとっており、すべてファースト・プレスした果汁のみを用いて比較的辛口なスタイルにて造られている優良年1995年のバックヴィンテージ。

第3回12月16日(金) 

<シャンパーニュ・ヴーヴ・クリコ> ラ・グラン・ダム 1995 1杯70ml ¥2,000(税抜き)

言わずと知れた有名なメゾンですが、1772年創業のこのメゾンは、27歳の若さで未亡人となったバルブ・ニコル・クリコ・ポンサルダンが家業を継ぎ、偉大なメゾンへと上り詰めました。このラ・グランダムは、1972年にそのマダム・クリコの功績に表意を捧げて造られ始めたヴーヴ・クリコにおける最高級キュヴェ。

第4回12月23日(金)

<シャンパーニュ・ぺリエ・ジュエ> ベル・エポック 1999 1杯70ml ¥2,000(税抜き)

1811年エペルネにて創業のメゾン。3代目アンリ・ガリスが、1902年にアールヌーボーの巨匠エミール・ガレに白いアネモネの花を描いたボトルデザインを依頼して誕生しましたが、戦争と共に封印。後にボトルが発見されたことにより、シャルドネを主体としたプレステージキュベの「ベルエポック」として復活を遂げ、繊細なでエレガントなスタイルが特徴。
第5回 12月30日(金)

<シャンパーニュ・ルイ・ロデレール>ブリュット・ロゼ・ミレジム1995 1杯70ml¥2,000(税抜き)
1776年に設立で、一族や家族経営を貫き、自社畑を240ha も所有する希少なメゾン。ロシア皇帝アレクサンドル2世をも虜にし、特別にあつらえた透明ボトルの「クリスタル」が有名。ミレジムのロゼに関しては、自社畑のキュミエール村で採れた果実味溢れる凝縮したピノ・ノワール70%とコート・デ・ブラン地区から厳選した純度の高い上品なシャルドネ30%を使用し、テロワールの個性を引き出しています。

どれも素晴らしい希少で素晴らしい正に年末にふさわしいシャンパーニュです。
是非1年の締めくくりに極上シャンパーニュで乾杯してくださいませ!!
tana

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です