シャトー・ブラネール 2000

先日、ワイン・スタイルズでワインシャトー・ブラネール(・デュクリュ)を開けました。

グレートヴィンテージと称される2000年のものです。

御存知の通りこの年はミレニアムという付加価値も付き、その上で近年最高の出来栄えを誇る超優良年。

価格もさることながら、格付けシャトーなどに関しては軽く10年は飲めないであろう(長期熟成させるべき)高価なヴァン・ド・ガルド。

伝説の45年、61年、82年、90年(やや落ちるか…)に比肩、醸造技術を考えるとそれ以上のポテンシャルが期待できる程。

あのパーカーも100以上のシャトーに90点以上を付けたとんでもない年です。

勿論このブラネールも多分にもれず93点取っております。

因みに、2000年以降全ての年で90点以上取っているようです。

ただ、パーカーの評価が高いといわれる好みの濃厚なスタイルだけで無いのがこのシャトーの特徴で、繊細なタンニンと黒系果実の奥行きとバランスが絶妙でチョコレートのアロマが口中を包み込むエレガントさも顕著。

比較的早くから楽しめるサンジュリアン村のポテンシャルは計りしれません。

周りのシャトー、グリュオー・ラローズ、ベイシュベル、レオヴィル・バルトンなどと共に切磋琢磨しているので、格付け61シャトーのなかでサンジュリアン村は2級から4級の間に11シャトー存在するのですが、そのどれもがレベルが高く均衡しています。

Wine Stylesのブログ
さて、ブラネール、実際どうだったかと言うと……。

美味しかったです!!

朝からデキャンタージュをして皆さんには楽しんでたいただいたのですがやや若さが見慣れたものの極上のエレガントを既に発揮しています。

カベルネが約70%、20%程がメルロ、残りはフランとプティ・ヴェルド。

カシスにブラックチェリーのコンポート、野薔薇、スミレ、黒い土にスパイス、ヴァニラやボワゼ、チョコレート、カンゾウやナツメグ、腐葉土、樹脂などスパイシーさと甘美な要素が完璧に溶け込んでいます。

細かなタンニンと華やかで綺麗な酸がフィネスに溢れ更なる熟成を期待させますが、今飲んでもエレガントに花開いて行きます。

カベルネのノーズが鮮烈ですが滑らかな舌触りはメルロが顔を出して高次元のバランスを保ち格付けシャトーのレベルの高さを再確認できました。

やはり4級のレベルでは無いですね。正に2級レベル。

カベルネ好きのtanaは早々にノックアウトされていました∑!!

先日来日してましたがパトリック・マロトー恐るべし…。

勿論彼だけの力では無いのですが、この規模でテロワールを見事にワインに反映する手腕は流石ですね。

個人的には80年代の古き良きスタイルも好みなのですが…。

たまにカウンターでこれは!というワインを開けちゃいますので

次回をお楽しみに(^O^)/

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

4月15日~5月15日までワイン・スタイルズ誕生2周年フェスタ通販サイトで開催中!

会員登録もしくは、ご購入のお客様には500Pプレゼントしています!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です