御馳走様でした。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

今日はお客様に差し入れを頂いたのでワインと合わせてみました。

SANS POINT
茗荷谷のPatisserie
「SANS POINT」のパンです。

こんな本格的なパンを作っているのでboulangerieといった趣ですね。

でも聞くとお店はやはりスイーツ中心の品揃えだそうです。

フィセルというかフルート・アンシエンヌのようなドゥミ・バゲットの中にはアンチョビやエストラゴンにペッパーなど個性ある味わいが詰まっています。

非常にスパイシーで美味いが結構辛いです

もう一つは葉型のカレーパン。

ひよこ豆がふんだんに入っていて甘辛く深い味。

中身もたっぷりで、満足度の高い作品でした。

Riesling
そこで今日開いていたワインは…。

Alsace Riesling “Hugel”
2007 <Hugel & Fils>

有名銘柄ですが久々に飲んでみました。

白い花や仄かなペトロール。ミネラルや酸が綺麗で正にアルザスのスタイル。

やっぱりバランスも良く飲みやすいですね。

相性はというとパンとは意外にも合いました。

最初アンチョビとどうかと思ったんですが、生臭さは出ず、共通のアロマであるハーブ(パンのエストラゴンやワインのレモングラス)が調和し、酸も締まった味わいになるので寧ろ食欲をそそります。

カレーパンもスパイシーさが調和はしますがパンの味わいが強いので、スッキリと洗い流すタイプの合わせ方に比重が傾きますが無難にイケます(゚∀゚)

豆の甘さとスパイシーさからもゲヴュルツやジュビリーシリーズのピノ・グリなどを合わせてみたいですね。

次回も又、意外なものにワインを合わせてみたいと思います。

Oga

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です