イギリスのスパークリング・ワイン

先日、嫁の誕生日誕生日だったので一緒に乾杯乾杯しようとイギリスイギリスのスパークリングワインシャンパンを開けました。

サッカーサッカーボール好きな方ならわかるかと思いますが、イギリスというかイングランドイングランドですね。

南ウェールズウェールズの一部と南イングランドでワイン造りがされており、現在では400以上のスパークリングワイン専門のワイナリーがあるほど。

もともと冷涼なドイツ系品種は栽培されており、自国消費用でスティルワインはそこそこあったようですが、今や、温暖化の影響と白亜質土壌との相性も含め、シャンパーニュに負けない高級スパークリング産地になりつつあります。

欧州の各コンペティションを次々と制しているのを始め、日本の漫画神の雫やワイン専門誌にも登場しワインファンならずとも要注目の産地となっています。

更に今年のデカンター誌のワールド・ワイン・アワーズの10£以上のスパークリング部門ではティエノやテタンジェ、シャルル・エイドシックなど錚々たるシャンパーニュ・メゾンを抑えて弊社直輸入のリッジヴュー・ワイン・エステート
のキュヴェが世界No.1に選ばれています!

そしてこのリッジヴューと並んでワイン・スタイルズがその味わいに驚愕し直輸入をしているもう一つの英国ワイナリーが今回飲んだブッカーズ・ヴィンヤード
BOOKERS VINEYARD
です。

Wine Stylesのブログ
それも2005年のブラン・ド・ブラン
です。

ウエスト・サセックス州において1972年にジャネット&ロドニー・プラット夫妻が3エーカー(1.2ha)の区画からスタートさせ、娘のサマンサの代で完全に名声を確立。

世界市場でも認められ様々な賞を受賞し更には畑も拡大、現在では英国を代表するワイナリーとなっています。

シャルドネぶどう100%をシャンパーニュ方式で仕込み30ヶ月以上熟成。

瓶熟自体も長く、マロラクティック醗酵を施している為しっかりと練れた印象と共に酸とミネラルのバランスが非常にエレガントで上質さを物語ってくれます。

抜栓時は冷えていて柑橘系か主体のアロマとシャープな酸でしたが、途中からボトルは出しっぱなしで最後の方はほぼ常温(室温)で飲みました。

温度が上がるにつれて洋梨やアプリコット、蜜っぽさまで顔を出しボリュームを伴って口中に広がって行きます。

余韻も長く正に上質なヴィンテージ・シャンパーニュと同格、それ以上のポテンシャルを秘めています。

そして、見逃せない情報がキョロキラキラ

お伝えしております通り、今月のマリアージュテイスティングは(12/17(金)・18(土))このブッカーズ・ヴィンヤードのロゼ・スパークリングワインとイベリコの生ハムとの組み合わせですよぱちぱちひょえー

このロゼもやっぱり素晴らしい出来映えです!!

この機会に是非お試しくださいね「ハイっ」の手

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ通販サイト始めました!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインも続々更新しています!!

お歳暮、クリスマスラッピングのギフト仕様でのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

2 Comments. Leave new

1 ■ブッカーズの赤
今日、貴店に寄って、
ブッカーズの赤ワインを購入した者です。
お話をきいて、がぜん印象が変わりました!
変化を楽しみながら飲んでみま~す。
それにしてもイングランドのワイン(特にスパークリング!)、
おもしろいですよね~。
http://ricorice.exblog.jp/

返信
ワイン・スタイルズ
2010年12月16日 11:18 AM

2 ■Re:ブッカーズの赤
>はねさん

イギリスワイン楽しんで頂けて何よりです!
ちなみに明日・明後日はブッカーズのスパークリングワインでマリアージュテイスティングを行いますよ!
お時間あれば、ぜひスパークリングワインも試してみて下さいね!
http://ameblo.jp/winestyles/

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です