マリアージュ・テイスティング

.。o○.。o○.。o○.。o○

 
先週末に開催しましたスペシャルテイスティングと題したチーズとワインのマリアージュですが、予想以上のご来店をいただきまして好評の内に行うことができました。

皆様、ありがとうございました m(_ _)m

BlogPaintワインはロワール地方サントル・ニヴェルネ地区の白ワイン、カンシ―。
この地区はサンセールやプイィ・フュメといった有名ワインがありますがそれらを超える品質を持っているのがこのアぺラシオン。

中でも弊社が直輸入している造り手であるジャック・ルゼは驚きの品質。
キュルチュール・レゾネといった栽培法でビオロジックのスタンスに立った有機栽培で真摯にワイン造りをしているヴィニュロンです。

彼の造るワインの中でも今回はトップキュヴェのコレクション・ル・プティ・ポール’07を使用しました。

火打石のような複雑なミネラルを基調に、洋梨やカリン、ハーブのアロマ。仄かな白コショウなどのスパイス香も併せ持ち、綺麗な酸味と共に華やかに広がる長い余韻は非常にエレガントでこの地区のトップレベルのワインといえます。


合わせるチーズはやはりこの地を代表するシェーブル、山羊のチーズです。

一つはBucherondin de Chevre。勿論ロワール産。
薪のような形のシェーブルで皮の周りから少しずつ熟成が進んでいくタイプ。これはまだフレッシュで山羊乳特有のコクと酸味が魅力です。

もう一つはZiegen Kase Torteというオーストリアのシェーブル。ローズマリーにオレガノ、パプリカが周りにまぶされている香り高く爽やかなチーズ。

オーガニックの全粒小麦粉を使用しているビスコットと共に召し上がっていただきました。

BlogPaint
ブシュロンダンの方はすーっと染み入るように口中で溶け合ってピッタリの相性。
マリアージュという意味合いではツィーゲン・ケーゼ・トルテのほうがハーブやスパイスの香りも膨らみ、より2つの旨みが増幅した印象でした。

ワイン・スタイルズではマリアージュ企画を定時開催して参ります。

次回は8月28(金)、8月29日(土)にロゼシャンパーニュとのマリアージュを予定しております(*・ω・)ノ

oga

.。o○.。o○.。o○.。o○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です