9月のマリアージュテイスティングレポート

先週末マリアージュテイスティングワインが行われました。

皆様御来店ありがとうございましたごめんなさい

Wine Stylesのブログ

BOURGOGNE LA COMBE 2002

<Marc Colin et Fils>

サントーバンの重鎮マルク・コランのスタンダードのラ・コンブ。

今は、父マルクの他、次男ジョセフ、三男ダミアン、娘カロリーヌが中心の「マルク・コラン・エ・セ・フィス(Marc Colin et ses Fils)」。

※自社葡萄のもの(買い葡萄でない)は今もラベル表記はマルク・コラン・エ・フィスです。

今回のヴィンテージ2002年はマルクと、2005年に「ピエール・イヴ・コラン・モレ」を設立した長男のピエール・イヴ・コランが中心だったの時代のもの。(因みにラ・コンブは03年よりセ・フィス表記)

ご存じのとおりブルゴーニュ超当たり年!の2002年の白ワイン白ワインなので、丁度飲み頃を迎えつつあるところです。

神の雫輝く黄金色、白い花にアカシアの蜂蜜、バニラにナッツ厚みのあるボディと良質のバターを想わせるアロマの絶妙なバランスは素晴らしい熟成を経た証。

甘美で軽快な酸としっとりとした余韻も長くブルゴーニュ・ブランとは思えない旨さ。

Wine Stylesのブログ
合わせたコロッケコロッケも今回は海老とホタテのカツでしたが、実は幾つか他のと試したりしました。

ソースも定番のタルタルは勿論、敢えてトマトソーストマト何かとも合わせてみたのです。

最終的には今回のコロッケコロッケ、マスタードペルシュロンが一番イケるという事で採用しました。

Wine Stylesのブログ
ファロ社のマスタードマスタードを使用したのですが(詳細はペンギンTanaのblog参照)皆様はどちらがお好みでしたか

今回はエストラゴンSAYU ハーブを使用したものの方が人気が高かった気がします。

エストラゴンに関しては→クリック
クリック!

ハーブハーブなのでそのニュアンスがクリーミーな酒質と良くマッチして甘味がほんのりと残るような味わいに。

海老のホタテの甘味、衣(脂)の風味と触感、マスタードの酸がワインの熟成した、たおやかさにフレッシュな旨味と快活さを与え口中でよりスケールの大きい味わいの一体感が生まれました。

今回はワインの熟成感が面白さにあります。

上級クラスの複雑な凝縮感やスケールとは別ですが、飲み頃になると味わいとして既にワインだけで完成されつつあります。

そうなると個性が強いものや風味が合うだけでは難しくつまらないので、甘味、酸味、苦味、刺激と旨味の味わいのバランスを全て加味したうえで風味が重奏するようなものがベターでした。

皆さん連休ふぅはいかがお過ごしですか?

お時間時計がある方にワイン・スタイルズワインボトル近隣のイベントを御紹介します。

第1回「したまち演劇祭in台東」
舞台第3回「したまちコメディ映画祭in台東」
映画が両方とも本日が最終日です!

又、国立西洋美術館考える人では現在ナポリイタリアのカポディモンテ美術館びじゅつの所蔵作品を展示しています。(ワイン・スタイルズ赤ワイン・ボトルにはカンパーニャのお勧めワインワインもあります)

連休の今日、上野西郷さんと浅草雷門に来られる方は是非!(みどり)そしてワイン・スタイルズワインで一杯引っかけてくださいねワイン

さて来月は、10/15(金)、16(土)にでマリアージュしたいと思っています!!

カリフォルニアアメリカのピノ・タージュぶどうですよ興味引きますよねー

次回もご期待くださいグー

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ通販サイト始めました!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインも続々更新しています!!

ギフト仕様でのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です