本日からのマリアージュ、早速試してみましたよ!

本日19日(金)、明日20日(土)に開催されますワイン・スタイルズのマリアージュテイスティング。

詳細は昨日のブログでご確認ください。
https://winestyles.jp/blog/mariage/8411/

さて、料理が届きましたので、早速試してみましたよ!

今回は大森の巨匠、日本料理 仲志満の中島さんの「馬肉のハラミゆず胡椒ロースト」とソーヴィニョン・ブラン2種類とのマリアージュです!
マリアージュ 馬
程よくローストされた馬肉は柔らかく血の匂いの抑えられた肉の旨味をしっかりと感じさせてくれるハラミの部位の上質さ。

柚子胡椒の風味が溶け合って刻んだ荏胡麻の葉と赤身肉のジューシーな旨味が完璧にマッチしています。
一口噛むごとに肉汁も口内を刺激して味蕾の鋭さが増していく、そしてワインを共に流し込むとそこは想像を超えた旨味の桃源郷が広がります。

是非とも初夏の爽やかな、そして満足度の高いマリアージュを楽しんで下さい!

カンシーは13年と14年の違いが如実に出ています。
ソーヴィニョン・ブランの美点が凡て出ている佳酒ですが、フレッシュで柑橘系とハーブのニュアンスが爽やかな14年、そして練れた白桃を思わせる甘みを増した果実味に酸とのバランスの良いボリュームあるミネラルの厚みが感じられます。

食材との相性では柚子や荏胡麻などの風味から一口目は14年が良いと思います。
咀嚼して飲み込む時点や付け合わせのトマトなどと一緒に合わせるときにはその甘みも同調す13年がお勧めです。

是非その違いをご自身でお確かめ下さい!

2日間開催しておりますので、今週末も爽やかなマリアージュを体感してみて下さいね!

Oga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です