【6月12日のお知らせ】初取り扱い国!ギリシャのロゼ・スパークリング入荷!

梅雨入り前からからっとした気持ちいい夏のような天気だったので、スパークリングワインで新しいものがいくつか入荷していたのですが、これから徐々にご紹介していきたいと思います!
まずは、当店初めての扱いとなるギリシャワインのご紹介です!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<キリ・ヤーニ> アカキーズ・スパークリング・ロゼ 2016 750ml \2,600(税抜き)

1879年からワイン造りを行ってきた老舗ワイナリー「ブタリ・ワイン」を運営する名門ブタリス家の4代目当主ヤーニス・ブタリス氏が1997年に年優良地区に自社畑を購入し、「ブタリ・ワイン」から独立し、「キリ・ヤーニ」を設立しました。

ワイナリーは、ギリシャ随一と言われる高貴な黒ブドウ「クシノマヴロ」の銘醸地として名高い北ギリシャに位置するノース・グリース地方の二つの銘醸地、北ギリシャ、ヴェルミオン山の南東斜面に位置する海抜150-300mの産地ナウサと南西部の斜面、海抜700mの産地アミンデオンの銘醸地に位置します。

2000年代に入り、創設者ヤーニス・ブタリス氏の2人の息子で海外で経験を積んだステリオス氏とミハリス氏がワイン造りに加わり、伝統を守り且つ、革新的なワイン造りを行い高い評価を集めています。また、ワインの売り上げによる利益の一部は野生動物保護に還元されています。

ギリシャ語で「酸と黒」の意味を持つ、ギリシャ固有のブドウ品種「クシノマヴロ」は北ギリシャ生まれの黒ブドウで、世界でも最も珍しい高貴なブドウ品種の1つとされています。栽培の難しさはありますが、忘れることのできないような神秘的なワインをうみます。高い酸度、芳醇なフェノール、深さ、濃い色(マヴロ=黒)そして力強いタンニンを持つクシノマブロは、赤果実やトマト、オリーブのような野菜のアロマも持ち合わせます。

このクシノマヴロを100%用いてシャルマ方式にて造られたのが、アカキーズのロゼスパークリングです。濃い目のルビー色に赤系果実と引き締まった酸が心地よくアフターに感じられる柔らかい甘みが全体を柔らかく感じさせてくれます。

カウンターでお出しした際も好評でしたので、また近々お出ししようと思います。

ぜひお試しくださいね。

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です