【6月19日のお知らせ】イタリア地場品種の面白い赤ワイン入荷!

昨日起こった大阪北部の地震にて被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早く安全の確保と回復をお祈り申し上げます。

さて、今日は新着アイテムよりイタリアの赤ワインをご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

<アジエンダ・アグリコーラ・カステッロ・ディ・ステファナゴ>IGT・パヴィア・ロッソ 2016 750ml ¥2,120(税抜き)

ミラノから南に約70kmの丘陵地帯に11世紀に建立されたステファナゴ城があり、城は時代の変遷と共に所有者が変わり、1810年よりバルファルディ家が所有。
現当主は、貴族の家系の5代目ジャコモ・バルファルディ氏。畑と醸造は弟のアントニオ氏が行い、ワイン造りの信念はテロワールを表現すること。
ステファナゴ城は135haを所有していますが、所有地の中で最も葡萄栽培に向いた20haのみで葡萄栽培を実践し、1998年よりオーガニックに認証をうけています。野生酵母のみで発酵を行い、最低限のSO2しか添加せず、平均収穫量は33~40hl/ha。
地場品種クロアティーナ、ウーヴァ・ラーラ、メルロを1/3ずつ使用し、野生酵母にて発酵。完熟したチェリー、甘草やプルーンの果実味にタンニンは細かく親しみやすい赤ワインです。

本日カウンターでグラスで1杯70ml ¥430(税抜き)でお出ししますので、まずはお試しくださいませ。
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です