【12月8日のお知らせ】今年もエトカルタの亥ラベル入荷しました!

今週はなぜかニーポートづいてますね。
今日もニーポートのワインご紹介します。
毎年恒例でご好評の干支をモチーフにしたこのエト・カルタ シリーズの来年2019年の干支「亥」を金色&銀色に施した限定エチケット・バージョン が今年も入荷して参りました!
来年は、花札のモチーフになっており、十二支の動物に花札の花をあしらった一コマ一コマが花札のようなデザインのラベルになっております。メインラベルはイノシシと萩の花札では定番のモチーフになっていて、右側は中国の干支ではもともと亥は豚を指すことから豚も描かれています。

Exif_JPEG_PICTURE

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートワイン生産者であり、現在の当主ディルク・ニーポートが5代目にあたる 、今では数少ない家族経営のメーカー。伝統の味わいを受け継ぐために、ポートワインでは最も重要な役割を担うマスターブレンダーのファミリーもニーポートとともに世代をつなぐ。何よりも品質を重視するため、生産量はポートワイン全体の僅か1%にも満たない小規模生産者。そんな彼らが所有する自社畑の葡萄から造られるのがこのエト・カルタ。

<ニーポート>エト・カルタ・ブランコ 2017 750ml ¥2,300(税抜き)

樹齢20~50年のコデガ、ラビガト、ゴウヴェイオ他を用いて、発酵はステンレスタンク75%、フレンチオーク樽25%。それぞれ7ヶ月間熟成。レモン、桃、白い花のような爽やかな香りに心地よい酸味とミネラル感がうまくマッチし、全体にフレッシュ感満載の辛口。

<ニーポート>エト・カルタ・ティント 2017 750ml ¥2,300(税抜き)

トウリガ・フランカ、トウリガ・ナショナル、ティンタ・ロリス、ティンタ・アマレラ他使用し、全体の15%はフレンチオークの樽で残り75%はステンレスタンク内で12ヶ月間熟成。黒系の凝縮感ある果実味に滑らかなタンニンとフレッシュな酸が感じられ、重すぎないスタイルが飲み心地の良さを感じさせます。

店頭にたくさん並べてますので、ぜひ今年のラベルと新ヴィンテージもためしてみてくださいね!

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です