【6月13日のお知らせ】ブルゴーニュ祭り?ルフレーヴ・エ・アソシエより2013を

緊急事態宣言解除されましたが、色々と考慮しまして、6月は毎週木曜はお休みします。
月曜、火曜、水曜、金曜、土曜日の12-20時にて営業します。7月より通常営業予定です。

ご利用の際は、お時間間違えずにご利用いただけますようお願い致します。
併せて、通販サイトも木曜のご注文分は翌日発送となります。ご了承願います。

さて、昨日おしらせしましたが、ブルゴーニュの衝動仕入れをしてしまいました…。

というわけで、今日も引き続き入荷の中からご紹介したいと思います。
今日はもう説明不要なまでの有名な生産者、ルフレーヴが2009年から買いブドウによるワインを生産するネゴスがルフレーヴ・エ・アソシエですが、といってもスタッフが携わり、ビオディナミ栽培が採用されています。その2013年にフォーカスあてまして2アイテムご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

(写真左)<ルフレーヴ・エ・アソシエ>リュリー・プルミエ・クリュ 2013 750ml ¥9,000(税抜き)
所有する約2haはリュリーのコミューン南側にあるレ・クルーとピヨの区画の混醸で1920年に植えた区画。エレガントな白い果実を思わせるアロマにストラクチャがあり、酸もしっかりして、しっかりしたボディとミネラル味の濃縮味が心地良い辛口。
(写真右)<ルフレーヴ・エ・アソシエ>オークセイ・デュレス・ブラン 2013 750ml ¥9,000(税抜き)
非常にカリテプリなAOCで、洋梨、白い花、の輪ゼットのアロマに溢れ、非常に華やかなニュアンスがあり、クリーミーな果実味も魅力的の辛口。

ブログ書いてて思い出しましたが、明日の父の日のプレゼントにいかがでしょう?

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です