【7月13日のお知らせ】ニーポートから将来を覗き見したいワイン登場⁉

新型コロナウイルスに関する東京アラートは解除されましたが、色々と考慮し今週も木曜はお休みします。
月曜、火曜、水曜、金曜、土曜日の12-20時にて営業します。来週以降も様子見て、変更があるかもしれませんので、ご利用の際はご確認願います。

さて、以前ポルトガルのニーポートの5代目当主デュルク氏が革新的な試みを始めたということで軽快に飲みやすいワイン、ナット・クールを出したのでご紹介しましたが、今回はその第2弾!
アンフォラを用いて造られるヴォアユールが限定でリリースされたので当店にも登場です!

Exif_JPEG_PICTURE

<ニーポート>ヴィーノ・ティント・デ・アンフォラ・ヴォワユール 2018 750ml ¥3,300(税抜き)

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートワイン生産者であり、現在の当主ディルク・ニーポートが5代目にあたる 、今では数少ない家族経営のメーカー。伝統の味わいを受け継ぐために、ポートワインでは最も重要な役割を担うマスターブレンダーのファミリーもニーポートとともに世代をつなぐ。
樹齢4,50年のドウロ地方の地場白黒ブドウ品種を用いて、6つのアンフォラにて別々に発酵熟成させブレンド。明るいすみれ色にピュアな果実味とエレガントで繊細さを表現。ヴォワユールは覗き見るの意味でワインの将来を覗き見たいという思いから命名。

コロナ禍でいろいろな将来が見通せない今、ヴォワユールを飲んで、将来を予想してみてはいかがでしょう?

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です