【8月28日のお知らせ】オーストリアのゲオルギウムのモスト、ホプフェル登場!

この週末は東京シードルコレクション2020、オンライン開催ということで、今日はもちろん新入荷のシードルの中から今まで当店で扱ってなかった国のリンゴ酒ご紹介します!
東京シードルコレクション2020オンライン申し込みは明日までですよ!どうぞお忘れなく!

なーんと、オーストリア!アプフェルヴァイン王国ドイツのお隣さんなので、造ってるんですよ、リンゴのお酒。ちなみにオーストリアでは、モストと呼びます。


<ヴァイングート・ゲオルギウム>ホプフェル NV 750ml ¥2,200(税抜き)
ケルンテン州ザンクト・ゲオルゲン・アム・レング村にて2008年よりマルクス・グルツェとウタ・スラマニク夫妻が3haの畑でビオディナミ栽培を実践し、ワインとモストを生産。「ワインはすでに畑で出来上がっている」という信念のもと丁寧な手仕事重視の造りのため生産本数7000本ほど。平均樹齢120年の数種類のリンゴを用いて、カスケードホップとともにステンレスタンクと樽にて発酵し、10か月熟成。洋梨やハニーレモンの香り、爽やかで上品な酸を伴う優しい味わい。
(発泡・辛口)

そういえば、サイダー絡みで1つご報告です。
実は今月、長い夏休み頂いている間にアメリカサイダー協会のサイダープロフェショナル入門編の試験受験しまして、無事合格しました!

世界各国にサイダーの協会はいくつもありますが、このようなセルティフィケイト出すような試験を行っているのは、アメリカサイダー協会だけなんです。ちなみに試験には過去問が存在しないので、ただ独学で勉強して受けるしか道はありません。実は結構ハードなお休み期間でした…。

これでますますりんご道を突き進みますので、ぜひ迷った際にはご相談くださいね!

tana

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です