【10月28日のお知らせ】ワインに不可欠な3点を抑えたジョブロのジブリーとは?

今日は久しぶりにブルゴーニュから大好きなドメーヌの1つ、ジブリーのドメーヌ・ジョブロ。ジョブロとの忘れもしない出会いは2006年ヴィンテージなのですが、なんせ0.65haのセルヴォワジーヌから造られる白は格別です。
なんせジョブロのワインを支える濃密さ、力強さと複雑味この3点がばっちり感じられる無敵のバランスを兼ね備えています。
今回はバックヴィンテージ2011が入手できたのでご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

<ドメーヌ・ジョブロ>ジヴリー・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・セルヴォワジーヌ・ブラン2011 750ml ¥4,700(税抜き)
コート・シャロネーズ地区最高の蔵元ジョブロの白ワインのバックヴィンテージ。南向き緩斜面のセルヴォワジーヌの畑のシャルドネはグレープフルーツ、パイナップル、マンゴーなどトロピカルなアロマと香ばしい炒ったアーモンド。果実味はボリューム感満載で、酸とミネラルがバックボーンを支え、引き締まったフィニッシュ。
(白・辛口)

唸るうまさをぜひ感じてみてくださいね。
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です