【11月26日のお知らせ】年末用バックヴィンテージ強化…エリオ・アルターレ 2012

昨日も年末に向けて、ちょっといいバックヴィンテージの入荷のアイテムご紹介しましたが、今日も続けてイタリアを…ご紹介します。
個人的に大好きなエリオ・アルターレ。2012ヴィンテージで3アイテム揃えてみちゃいました。

Exif_JPEG_PICTURE

エリオ・アルターレとは…
多くのバローロ生産者が仲買人にブドウを売って生計を立てていた1970年代に、フランス・ブルゴーニュ地方に赴き、その手法を学び持ち帰り、化学薬品を使わない質の高いブドウの栽培と樽による新しい醸造スタイルをいち早く導入し、長期熟成が当然だったバローロを若くから楽しめるモダンなスタイルを生み出した人たちを「バローロボーイズ」と呼び、その先駆者として今も世界的に高い評価を得る「最高峰のバローロ」の生産者の1人。早めに収穫したブドウの自然酵母を培養して使用し、亜硫酸塩の使用も極めて少量。

(写真左から)
<エリオ・アルターレ>ランゲ・ロッソ・ラリジ 2012 750ml ¥13,700(税抜き)

1983年にウッチェローネのブライダと共に研究して造り始めた樹齢68年以上のバルベーラを100%使用し、樽にて長期熟成。最高峰のバルベーラと言っても過言でない1本。

<エリオ・アルターレ>ランゲ・ロッソ・ラ・ヴィラ 2012 750ml ¥13,700(税抜き)
1989年がファーストヴィンテージで当時はモンフォルテのラ・ヴィラ畑の葡萄を使用していた名残でキュヴェ名にラ・ヴィラの名前を残している。ネッビオーロとバルベーラを使用しており、100%新樽のバリックで18ヵ月間熟成。

<エリオ・アルターレ>ランゲ・ロッソ・ジャルボリーナ 2012 750ml ¥13,700(税抜き)

2012年よりランゲ・ロッソは畑名を名乗れなくなったため、アルボリーナだったと過去形にしたジャルボリーナと皮肉を込めた名称に変更。ネッビオーロ100%を使用し、100%新樽のバリックで18ヵ月間熟成。

珍しく同じヴィンテージのキュヴェ違いでご用意あるので、飲み比べもできますよ!

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。