【5月8日のお知らせ】熟成ハードサイダーのポテンシャル

明日は母の日ですね!母の日ラッピング承りますので、ご購入時にお申し付けくださいませ。

さて、最近サイダーがらみのお話を結構頂くようになりまして、今回は倉庫で眠っていたハードサイダーの熟成価値を確かめてくれないだろうかというお題をいただきました。
試してみたところ、きれいに熟成しているアイテムがいくつかあり、これはコアなりんご星人たちに飲んでいただきたいなと思い、仕入れて特別価格にて販売することにしました。
数は少ないので、無くなり次第終了しますので、気になる方はお早めにどうぞ。

Exif_JPEG_PICTURE

(写真左から)
<アップル・アウトロー>タンジェリン・ツイスト・サイダー 650ml 715円(税込み)
当主ブレア・スミス氏がバイオダイヴァーシティに基づきオーガニック農業を実践し、1000本以上の木はマッキントッシュやレッドデリシャスなどを始め、洋梨も栽培。リンゴのほかにタンジェリンとホップを用いており、フローラルなアロマにシトラスのトーンとクリスプなリンゴの味わいのハーモニーをうまく表現している。
(発泡・辛口)

<アップル・アウトロー>クランベリー・ジュエル・サイダー 650ml 715円(税込み)
リンゴのほかにクランベリー、ローズヒップとオレンジピールを使用。甘酸っぱいクランベリーとリンゴの酸が完璧に寄り添って宝石のような光を放っています。
(発泡・辛口)

<ワンダリング・オエングス・サイダー>ブルーム 355ml 550円(税込み)
ワンダリング・オエングス・サイダーはアンセムサイダーの生産者でもあり、ジェームス・コーンとニック・ガンが2005年に創立。フランスやイギリスから持ち込んだり、禁酒法時代前より継承してきたリンゴ品種20種類以上を使用し造られており、柔らかい甘みと優しい果実味が心地よい白い花のような繊細さが魅力的。
(発泡・中甘口)

なかなかこんな熟成を感じられるサイダーも見かけることができないので、リンゴ星人は必飲かも。
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。