ノルマンディーから、Jus de Pomme 到着!

今日もちょっと面白いものをご紹介致します。

Wine Stylesのブログ
フランス北西のノルマンディーから届きましたリンゴジュースです赤リンゴ

シードルシャンパンやカルヴァドスブランデーで有名なリンゴの産地のこの地でナチュラルな造りで定評のあるパコリー社のもの。

自分の農園で薬剤を使わず、砂糖の添加なしで生産しています。

このアプローチによって、「blanc 」、「 pommerat 」、「 branche 」といった地品種の個性がより引き出されます。

果汁を絞った後、瓶詰め直前に80度にて1分間殺菌を行っています。

フレッシュで甘み、旨味、コク共に十分のナチュラルな美味しさが持続します。

無濾過のため、濁りやオリがありますが、リンゴの成分ですので安心してお召し上がりください!!

Wine Stylesのブログ
Jus de Pomme <Pacory >

¥1,260-(1000ml/税込)

限定7本のみの販売ですから早い者勝ちです!!

18世紀初頭からパコリ家は、ドンフロン地域で農家を営んでいます。

他の農民と同じように、家畜を育てる傍ら、リンゴと洋ナシからシードル、ポワレ、カルヴァドスを造っていました。

このリンゴジュースが作られるGrimaux グリモー農園は、1939年にパコリ家によって開かれ、先代のクロード・パコリの代では、農園はさらに広げられ、同時にカルヴァドスの生産と洗練により磨きがかけられています。

そうして瓶詰めと販売が始められ、たくさんの賞を受賞、1986年にクロードの仕事を引き継ぎ、若きキャスリンとフレデリック夫妻が真摯に生産を続けています。

農園に植わっているそれぞれの品種を分析し、より効果的な味わいの引き出し方を行い、質の洗練と多様性を両立するよう努力を続けています。

90haの畑には牛ウシが放牧されていて、循環型農業が成り立っています。

そういえば、『清水家のリンゴジュースはどうしたの~??』と良くお問い合わせを頂きます。

そんな清水家のリンジュースファンの皆様に朗報です。

今年のリンゴジュースは今月の下旬、瓶詰したものが到着致します!!

コチラは勿論フランスフランスのリンゴではなく、日本の日本フジ、ジョナゴールド、王林のブレンド。

こっちもお楽しみに―!

是非、どちらのリンゴジュースがお好みか比較してみてください!!

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

クリスマス・年末用のワイン続々新入荷中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です