可愛いラベルのアイツ…、今年も少量入荷しました!!

神様と称される、ローヌのクローズ・エルミタージュ最高の生産者であるアラン・グライヨ。

彼の息子マキシムが2003年に畑を購入し興したワイナリー、ドメーヌ・デ・リセ。

タン・レルミタージュの南数キロ、ボーモン・モントュウのコミューンに位置する。

彼は、ブルゴーニュで醸造学を学んだ後、カリフォルニアのターリー・ワインセラーズなどで修行し、現代的醸造技術も吸収した。

父と同じワインではなく、あくまで彼自身のワインを造っており、その強い意志と自信はすでに彼に大物の風格を与えている。

初ヴィンテージは2004年で8000本を生産、いきなり素晴らしいワインを世に送り出し、周囲を驚愕させた。

パリ随一のワインショップCave d’Augeで店頭に大陳列されるなどすぐに注目を浴びた彼のスタンダードキュヴェが今年も入荷しましたよ!!

Wine Stylesのブログ
クローズ・エルミタージュ・エキノクス 2011

<ドメーヌ・デ・リセ>

¥2,680 (税込・750ml)

完熟シラー100%をステンレスタンクで熟成させたもの。

アメリカンチェリーやプラムのコンフィチュールやスパイスの魅惑的なアロマにエレガントな酸とタンニンが楽しめるレベルの高い味わい。

クローズ・エルミタージュがこの価格で楽しめるのなんて嬉しいですね。

ワイン・スペクテーターの北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップ ドメーヌ入りを果たし、「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。

5ha所有する畑は、ローヌ川とイゼール川の沖積土で砂や砂利、丸い小石が混ざり、非常に水はけの良い土地。

平均樹齢18~25年で、栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35~40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。

決して抽出に傾いたワインではなく、マキシムは果実をきれいに表現することにこだわり、新樽も5~10%に抑えている。

今後も更なる品質の向上は確実であり、益々目が離せないですね。

このワイン確実に早い者勝ちですので、お早めにどうぞ!!

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評販売中!

ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
9月より開始の新企画、「ワインと世界旅行、厳選ワインごご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です