コスパの良い理想的なデザートワインです!!

ワイン・スタイルズ赤ワインではデザートワインも人気です。

貴腐ワインなどと同様に人気なのはシェリーやポート、バニュルスなどの酒精強化ワインです。

今回は王道のルビーポートルビーが入荷しました。

ゆっくり食後に楽しめる余韻の長い素晴らしい甘口の一本です。



ルビー・ポート・NV

〈フォンセカ・ギマラエンス〉

750ml ¥2,700(税抜き)

正に理想的なルビー・ポート、フォンセカのフラッグシップ。

トゥリガ・ナシオナルやティンタ・ロリスを用いバランスよく仕上げたもの。

アルコールは20度で甘美な余韻が持続します。

~造り手について~

フォンセカ・ギマラエンスはポートワインのシッパーとして、1822年に誕生しました。マノエル・ペドロ・ギマラエンスがフォンセカ・モンティロという古い会社を買い取ったのがその始まりです。彼は政治家でもありましたが、運悪く政敵に追われ、ポートの樽の中に隠れて、イギリスへと渡りました。しかし、本拠地をイギリスに移した後も、ポートワイン・シッパーとしての事業は大きな成功をおさめ、彼の死後、1927年になって、フォンセカ・ギマラエンスはポルトに戻ってきました。現在は、ブルース・ギマラエンスとその息子のデヴィットにより、昔ながらの運営がなされています。

フォンセカ・ギマラエンスの最も誇るべき単一畑は、1978年に取得したタヴォラ渓谷のキンタ・ド・パナシュカルです。真南の斜面にテラス状に広がるブドウ畑は43ヘクタールの面積をもち、近年、ブドウ樹の植え替えが行われました。また、一般観光客にセラーを開放し、ラガールによるポート造りを解説するツアーも組まれています。メンディスのサン・アントニオとキンタ・デ・クルゼイロも含め、フォンセカが所有するこれらのブドウ畑は、いずれもクラスAに属しています。

フォンセカ・ギマラエンスのポートワイン造りはきわめて伝統的です。昔ながらのラガールに男たちが入り、ブドウを足で踏んで破砕します。やがて自然界にある酵母の働きでブドウ果汁は発酵を始めるのです。

ヴィンテージ宣言をするか否かは、ブルースとデヴィットにより決められ、取締役会の承認を経て、最終的に決定されます。フォンセカのヴィンテージには3種類あります。最も偉大でクラシックな年のワインにはフォンセカ・ヴィンテージのラベルが貼られます。この栄誉に浴した年は20世紀にわずか21のヴィンテージしかありません。それよりもやや軽く、比較的早めに飲み頃が訪れる年には、ギマラエンス・ヴィンテージの名前が与えられます。

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
大好評、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です