こちらもお待たせしておりました!

ワイン・スタイルズ赤ワイン直輸入のフランス、ロワール地方のメネトゥ・サロン。

不動の人気の造り手ジャン・テイエのラインナップの中で早々に売り切れてしまっていましたロゼ赤ワインがヴィンテージを新たに再入荷しましたよ。

ピノ・ノワールぶどう100%で造られる華やかでエレガントな一本、是非お試しください!



メネトゥ・サロン・ロゼ 2013

<ドメーヌ・シャン・テイエ>
750ml ¥2,800(税抜き)

樹齢20年のアルジロ・カリケール土壌のピノ・ノワール100%で造るロゼワイン赤ワイン

ゆっくりと優しいプレスで綺麗な色調に仕上げています。

オレンジの花やフランボワーズのようなアロマが長く広がり、滑らかな口当たりにフレッシュな酸が全体のバランスを上手に整えてくれます。

~造り手について~

ロワール地方の古都ブールジェの北東20kmに位置する銘醸地Menetou-Salonにおいて最高のワインを造り出すドメーヌ・ジャン・テイエ。

レオン・ミエにより1950年代に始まった蔵元で代々家族経営を守り、現在はジャン=ジャックと、その妻モニーク、2003年からはニュージーランドのセレシン・エステートなどで研修を積んだ娘のパトリシアとボルドーでワイン造りを学んだ夫のオリヴィエが加わり盤石の態勢を築く。

ジャン・テイエは祖父の名で1996年に亡くなったがこの地の未来を信じ働き続けた彼に敬意を表しその名をドメーヌに残している。

「いかにして良い葡萄自体を育てられるか」という概念の下に自然な醸造を心掛け、除草剤は一切使用せず、肥料に牛の糞をしようするなど出来る限りシンプルにテロワールの表現に細心の注意を払い丁寧にワイン造りを行っています。

そして葡萄を洗った際の水をキューヴに溜め畑に散布し再利用を行うという5年前よりこの地域で始まった試みを実践するなど環境への配慮は欠かすことが無い。

栽培面積は合計17ha。

その内10haはソーヴィニョン・ブラン、7haにピノ・ノワールを植樹している。

Menetou-Salon、Parassy、Aubinges、Vigouxの4つのコミューンの最良の区画を保持しています。

ワインは全てAOCMenetou-Salon。スタンダードの赤、白、ロゼ3種と白のスペシャルキュヴェ2種、赤のスペシャルキュヴェ1種を生産。

ピノ・ノワールはドメーヌ開始間もなくの1965年に植樹した45年物主体に使用する。

又、2009年はAOC Menetou-Salonの生誕50周年という事も有り大きなお祭りが開催されMenetou-Salonの知名度向上に街中で取り組んでおり、これから益々注目度の高まるアぺラシオンといえるでしょう。

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
昨年秋より開始の新企画、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です