酸化防止剤無添加(サン・シュルフィット)の新ヴィンテージ!!

先日新キュヴェをご紹介しました、ワイン・スタイルズ赤ワイン直輸入のフランス・ローヌ地方の蔵元グランド・ベレーヌから酸化防止剤無添加のシラーぶどう100%のキュヴェも新ヴィンテージが登場です!!

ビオロジック栽培に加え、人工的な酸化防止剤の添加は全く行っていない究極のナチュラルな赤ワイン赤ワイン

開け立てからスミレやブルーベリーのようなアロマに細かなタンニン満載で楽しめエレガントさも楽しめる素晴らしい味わい。




コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・

ヴァルレア・サン・シュルフィット 2013

<ドメーヌ・グランド・ベレーヌ>

750ml ¥2,700(税抜)

若き醸造家ダミアンのチャレンジのうち、自信作となるヴァルレアの区画の中でも厳選した区画のシラー100%にて5000本のみ生産。




フィルターにかけないことによって瓶の中で
2度目の発酵が起こらないようにきちんとフィルターをかけ、瓶詰め。



フレッシュな黒系果実の果実味は柔らかく円やかで、抜栓後すぐから比較的気軽に楽しめるスタイルです。


~造り手について~

『若きヴィニュロンの情熱とビオへの哲学がローヌの地の新たな可能性を開花』

コート・デュ・ローヌ地方南部オランジュから北東に40kmほどの位置にあるヴィサン村とチュレット村にカーヴを構え、1919年に戦争帰りの曾祖父ラウルが始めて、現在まで5代続くドメーヌ・モンマルテル。

2002年より現在34歳の若き当主ダミアン・マレ氏がドメーヌを引き継ぎ、2006年に曾祖父から母方の従弟に継承されていたドメーヌ・グランド・ベレーヌの畑を全部買い取り、現在は全部で85haを所有。

ドメーヌ・グランド・ベレーヌはこのエリアでは最も早くからビオロジック栽培を実践しており、1990年にAB証明を取得しています。

ダミアン・マレ氏は他のドメーヌでの経験はありませんが、独学にて「ビオ」について学び、引き継いだドメーヌ・モンマルテルにおいてもビオロジック栽培を実践し、2007年に同じくAB証明を取得しています。

また、ドメーヌ・モンマルテル所有のヴィサン村の一部のシラーに関しては、ヴィンテージにもよりますが、E.ギガル社に葡萄を販売したりすることもあります。

毎年いろんなことを試験的に試みているとのことなので、若き醸造家の野望はこれから開花していきそうで、目が離せません。

白葡萄は主にヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌを栽培。

黒葡萄は、シラー、グルナッシュ、カリニャン、メルロ、サンソーそしてグルナッシュとカベルネ・ソーヴィニョンの交配品種で樹齢2年のマルスランを栽培。

大体が樹齢30~40年だが一部のシラーとグルナッシュは樹齢50年を超えるものがあります。

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
昨年秋より開始の新企画、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です