噂のラドラー!NZからレモン風味のビアスタイルが新入荷!

ラドラーはもともとはドイツのサイクリングロード沿いの酒屋で生まれた、ビールとレモネードを1:1でブレンドした80年以上の歴史のある飲料です。

ワイン・スタイルズではニュージーランドのブリュワリーが造る拘りのラドラーを入荷致しました!

ビールがお好きな方も苦手な方も楽しめちゃう低アルコールの商品です。

この夏はビール代わりに楽しんで下さい!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

モンティース・ブリュワリー・ラドラー・ビアー
<DBブリューワリーズ>
330ml  ¥500(税抜)

このRadler(ラドラー)とはビールとレモネードを1:1で割ったドイツの飲みもの。
元来は自転車乗りの意で、サイクリング客に愛好されたところから名づけられたと言われています。
モンティース社が醸造するレモンとライムで風味付けられたスタイルは、1920年代にバイエルンで醸造されたスタイルに基づき、フルーティーラガー、爽やかです。
ホップの風合い、自然なレモン果汁とピリッと柑橘類が余韻に感じられます。
(330ml Alc 5%: ビール+レモネード)

~造り手について~
【DB BREWERIES】
豊富な歴史を持つ「モンティース・ブリューワリー」。
はじまりはつつましやかなものでした。
ニュージーランドは1800 年代の中頃から後半にかけて非常に厳しい状況下にありました。
特に西海岸地域に至っては、鉱夫の為にというだけではなくビール醸造者としても肥沃な土壌を証明したかったのです。
こうしたビール醸造者の1 人が「ステュワート・モンティース氏」でした。彼はオタゴから移りリーフトンに居を構え、1868 年にフェニックス・ブリュワリーの経営を引き継ぎました。
1920 年代に入り鉱山で富を得ていた時代が変わり人口が減少した為に多くのバーやブリュワリーが閉めざるを得ない状況に陥りました。
西海岸でブリュワリーとして生きていた5 件、「モンティース・フェニックス・ブリュワリー」をはじめ「ウエストランド・ブリューイング」に合弁されます。
グレイマウスに移された本社、現在ではここでモンティースが醸造されています。
後の1969 年、DB グループがウエストランド・ブリューイングを買収し1990 年に歴史的な地域に影響を持つ「モンティース」がブリュワリー名として復活しました。
 モンティースが醸造する全てのビールは無添加無着色、自然な醸造が行われています。
実際唯一加えられている物は蜂蜜やレモンジュースといった原材料です。
ビールの種類はクラッシックなスタイルのものから限定商品として季節醸造ビール、単一原料ビールがあります。
ラドラーは特にビール好きの方、初心者の方たちにそれぞれに興味を持つ味わいを見つけることができます。

Oga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です