グラッパもありますよ!

ワイン・スタイルズワインではブランデーブランデーの取り扱いもございます。

ブランデーボトルといっても葡萄ぶどうの絞り粕を蒸留して造るポットグラッパです。

イタリアイタリアのグラッパブドウの中でも最も北↑に位置しますトレンティーノ・アルト・アディジェ州のボルツァーノ自治県、つまりオーストリアポーランドとの境の南チロル地方のものです。

Wine Stylesのブログ
葡萄品種の名を冠したものはボトル毎で良く個性キラキラが出ています。

左からミュラー・トゥルガウ
マスカットゲヴュルツトラミネール
ブドウ、そしてカベルネ・ソーヴィニョン
ぶどう

そして右のOro
金というのは樽樽で熟成させたもので琥珀色も付いています。

アロマティック白いお花畑?なミュラー・トゥルガウマスカットに華やかなライチスパイシーさも持ち合わせたゲヴュルツブドウ、ワイルドベリーラズベリーのニュアンスを含む力強いカベルネぶどうと、香ばしくバニラバニラビーンズ等の甘い香りも滑らかなOro金

それぞれ驚くほど多様な味わいびっくり

アルコールは強いチカラコブですが、グラッパがお好きな方も結構いらっしゃいますよね。

私も寒くなってくるとこたつ色々飲んだ締めにマールやグラッパなどを少しだけ嗜むのが好きです。

イタリア中部ですとエスプレッソエスプレッソに入れてますよね。

良く蒸留酒を冷やして冷蔵庫飲む時が多いと思いますが、透明なタイプでも断然常温が旨いです。

香りの立ち方も味の膨らみもまるで違います

まぁ、好みはあると思いますが。

常温だとアルコール感は強く出ますが、わざわざ食後食事に蒸留酒を飲むのに冷やして冷蔵庫あまりスッキリさせなくても…と個人的には思います。

アルコールが強くて割るとしてもやかんお湯割りがお勧めです。

焼酎焼酎も本場ではお湯割りお湯割りが多いですし同じようにしてはどうでしょう。

それと、ワイン・スタイルズワインの店頭には出していませんがイタリアの有名ワインワインのグラッパなんかも隠し持っています笑う

これからの季節木枯らしにたまには趣向を変えてグラッパお酒大好き棒人間なんかは如何ですかビックリ

どれも残り少ないので!気になる方はお早めにどうぞー。

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ通販サイト始めました!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインも続々更新しています!!

ギフト仕様でのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

2010ヌーヴォーご予約受付中!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

4 Comments. Leave new

1 ■昔に…
バーがマイブームだったころグラッパ(亡くなってしまったグラッパ名人の)やDRCのマールとか呑みました。

値段も聞かずに呑んでお会計が馬鹿高くてすぐさまATMでお金おろしてきました…

たまにはグラッパでも呑みに行くかな~

返信

2 ■無題
美味しそう。

御徒町には、たまに用事があるので
そのときにでも覗いてみます。
いろいろ教えてくださ~い。
http://ameblo.jp/comoray/

返信
ワイン・スタイルズ
2010年10月19日 4:35 PM

3 ■ビックリですね!
>シノマンさん

じゃあロマーノ・レヴィやベルタ社のなど飲みまくったんですね!?
羨ましいー!

でもグラッパってたまに飲みたくなるんですよね。
Oga
http://ameblo.jp/winestyles/

返信
ワイン・スタイルズ
2010年10月19日 4:44 PM

4 ■コメントありがとうございます。
>にゃろめさん
田中屋さんにも行かれておられるからスピリッツお好きなんでしょうか。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいね
Oga
http://ameblo.jp/winestyles/

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です