~ Wine Bar Bouteille の夕べ ②~

昨日の続きです。

Wine Stylesのブログ
ここからメインに向かいますので赤ワインをセレクト。

ワイン・スタイルズワインでこの前開けました、シャトー・ブラネール・デュクリュ。

この格付けシャトー お値段がヤバい ので、このブラネールが、オー・メドックのコサック村で造る別シャトー、

シャトー・ラ・ローズ・ド・フランス 2001にしました。

この価格帯の何十本のワインから選び抜いてシェフご夫妻が結婚式の時に出されたという非常におめでたいキュヴェ、しかも飲み頃というものです。

バランス良くカベルネのエレガントなアロマが鼻孔をくすぐります。

ちなみにメインディッシュですが4人いたので嫌がらせかの如く全員バラバラに注文してしまいました

(シェフ、すみませんごめんなさい)。

Wine Stylesのブログ
ちなみに私はメガネフランス地鶏のコンフィ、外側のパリッとした皮の香ばしさと内側のギュッと鶏肉の旨味が凝縮されたお皿で非常に味わい深い。

ボルドーでも飲み頃を迎えたミディアムボディのワインだったので料理との相性も良かった。

Wine Stylesのブログ
そして、他の皿は食べていないのですが、どれも皆「美味しい×2」の連発でメチャクチャ気になりました。

今更ながらなぜ一口貰わなかったのか非常に悔やまれます。

Wine Stylesのブログ
仔羊に牛頬、鴨と各自それぞれのメインを堪能しました。

しかし4皿ぴったり同時に運ばれてきたのはさすがと感動しました。

Wine Stylesのブログ
もはや、ワインバーというより高級レストランですね。

意外とはてなマーク大食漢の私でも満足してしまうたっぷりのポーションなのにこのレベルは感動できます。

自分たちが惚れ込んで買い付けてきたワインがこんな風に饗されるのかと考えると嬉しく灌漑深いですね。

Wine Stylesのブログ

そしてフロマージュとともに赤ワインを追加。

ネイラーノのピノ・ネロ。

ワインガイドに一切出展しないポリシーのため、無駄に価格が高騰しない良質なワイナリー。

Wine Stylesのブログ
自社畑100%ですし、真摯な姿勢に好感が持てます。

陽気なピノはイタリアらしさですね。

たまにはこういうのも良いです。

Wine Stylesのブログ
最後にレ・グラン・テロワールを。

ボルドー右岸のメルロ65%と南仏のシラー35%をブレンドさせた珍しい一本。

偉大なテロワールが合わさったフルボディの力強さを持っています。

フランスだと高級レンジでこういった哲学のワインは少ないので面白いです。

ここまで写真を忘れずに撮っていたのですが、最後のデセールのシャンパンゼリーを取り忘れてしまいました。

絶妙な甘さの大人のデザートを堪能しました。

以前、SPEAKEASTというイベントに参加しましたが、同じようにワイン・レストランも上野、御徒町、湯島、秋葉原と東京の東からも盛り上げていきたいですね!!

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

4 Comments. Leave new

1 ■おはようです
明日、Wine Bar Bouteille行きます~

返信
ワイン・スタイルズ
2011年6月14日 10:25 AM

2 ■Re:おはようです
>シノマンさん

その前にうちにもよってくださいね~
http://ameblo.jp/winestyles/

返信

3 ■了解
寄ります~

返信
ワイン・スタイルズ
2011年6月15日 11:54 AM

4 ■ありがとうございます。
>シノマンさん
おまちしておりまーす!
Oga
http://ameblo.jp/winestyles/

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です